犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

小型犬に与えるドッグフードの量と選び方

   

pexels-photo-38008
色々な種類の小型犬がいますよね。それでは、小型犬の魅力ってなんでしょうか?
どの犬種にも共通して言える小型犬のイメージといえば、

  • 小さくてとにかく見た目が愛らしい
  • 小さくて初めて犬を飼う人にも飼いやすそう
  • 小さいから飼うスペースなどの確保もでき色々な住宅事情に対応できそう
  • 小さいのでブラッシングなどのお世話も比較的簡単そう
  • 運動量もさほど多くないので散歩などの負担がそこまでなさそう
  • 食べる量も少なく食費がそこまでかからなそう

このようなイメージから小型犬の人気は非常に高いといえるでしょう。

それでは小型犬とはどの位のサイズの事をいうのでしょうか。

犬のサイズに正式な決まりはなく、だいたいの大きさで分類されているようです。
犬種別のスタンダードの体重でいうと小型犬とは5キロ~10キロ未満をいうようです。

小形犬の代表的な犬種には、トイプードル・ミニチュアダックスフンド・パピヨン・マルチーズ・シーズー・パグ・コーギーなどがいます。チワワやヨークシャテリアなどは小型犬よりも更に小さい超小形犬という分類になるようです。

小型犬のフード選びのポイントとは

私たちの生活にとても身近な存在となっている小型犬。

それでは小型犬のドッグフードを選ぶ際にはどのような点に注意したらよいのでしょうか。

まず、小型犬は体の大きさに対して体重1キロあたりの必要なエネルギーが多いのです。しかし、体が小さい為に消化器官も小さいので一度に食べられる量にも限りがあります。

その為にドッグフードを選ぶ際にはまず、食いつきのよいもので、かつ消化がよく、高カロリーのドッグフードを選ぶようにしましょう。

また、小型犬は口や顎も小さいのでドッグフードの粒の大きさも小さな顎でも噛み砕きやすいように小粒のものをえらんであげるようにしましょう。

小型犬は心臓の病気になりやすいといわれていますので、心臓に負担をかけないよう塩分を控えた消化のよいドッグフードを与えるようにしましょう。

また骨関節が弱く椎間板ヘルニアや膝蓋骨脱臼などの骨関節の病気にも注意が必要ですので、カルシウムやグルコサミン、コンドロイチンなどの栄養素の摂取が望ましいでしょう。

顎の小ささから歯周病になりやすいとも言われている小型犬、ウエットフードは歯石が残りやすいのでドライフードを与えるようにしましょう。

小型犬のドッグフードの量はどの位?

それでは小型犬は一日にどのくらいの量のドッグフードを食べるのでしょうか。

年齢や季節によっても食事量に多少の差はありますが、平均的な小型犬の食事量は一日あたり130~220g前後と言われています。

だいたい体重が5キロほどといわれるパピヨンやシーズーなら一日の量は130g前後。10キロ未満といわれているビーグルなら一日の量は220g前後と考えておけばいいようです。

1ヶ月に4キロ~6キロほどの食事量という事ですね。

食いつきにムラがあるとも言われる小型犬だけに食事の時間が楽しくなり、かつ愛犬の健康を維持してくれる質の良いドッグフードを食べさせてあげたいですね。

無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - ドッグフードの豆知識