犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

シニア犬におすすめなドッグフードの選び方

   

pexels-photo-47466
最近は犬の寿命が延び、かなり高齢なワンちゃんもよく見かけるようになりました。

  • 犬の飼育環境が屋外から室内へと変わったこと。
  • ワクチン摂取をきちんと行う飼い主が増えたこと。
  • 愛犬の変化に素早く対応し、動物病院を受診するようになったこと。
  • ドッグフードなどの食事内容がよくなったこと。

以上の理由からワンちゃんの寿命が延びているといえるでしょう。

犬の平均寿命は犬種によっても異なりますが、だいたい10~13年というところです。

それでは何歳からが高齢つまり、シニア犬とよばれるのでしょうか。

一般的には7歳以上をシニア犬と呼んでいるようです。

しかし、飼い主さんからすると「7歳はまだまだ若く、到底シニア犬ではない」そのように感じられる方も多いのではないでしょう。

実際平均寿命からみてもまだ半分を過ぎたところで、中年期といえますよね。

ただし、7歳頃に体への変化が出始める時期で高齢期への入口といえる時期なのです。

シニア犬で気をつけるべきこと

高齢期への入口に差し掛かったという事は、人間と同様に基礎代謝が低下してきて太りやすくなる時期ということです。

シニア犬は肥満にならないように気をつけてあげなければなりません。なぜなら、肥満は関節の病気や心臓病、糖尿病など様々な病気の引き金となるからなのです。

それでは肥満にならないようにするにはどうしたらよいでしょうか。

  • おやつを控えるようにする
  • ドッグフードをシニア用のドッグフードに切り替える
  • 激しい運動ではなく適度な運動をする

これらの事を実施して、摂取カロリーを抑え基礎代謝を上げるようにするのがよいでしょう。

次に10歳を迎え本格的な高齢期を迎えたシニア犬は筋肉が落ちて足腰が弱ってきます。年齢により消化能力も衰え食が細くなり体重が減少したりします。

こうなってくると、食欲をそそるような工夫をした食事で筋肉や内臓の衰えを抑えられるように注意したいですね。

シニア犬におすすめのドッグフード

最近のドッグフードは7歳以上のシニア犬用と10歳を超えたハイシニア犬用といった様に細かく分けられているドッグフードも多くみられます。

ドッグフードを選ぶ際にカロリーにだけ注目するのではなく中身にもきちんと注意して選ぶようにしましょう。

例えば糖質は脂肪として体内に蓄積されやすいので糖質を多く含み、炭水化物の割合の低いもので、低脂肪かつ良質なタンパク質を含むものを選ぶようにしましょう。

もちろん、良質なタンパク質というのは動物性タンパク質のことです。この良質な動物性タンパク質こそが、シニア犬の筋肉や内臓機能の維持に非常に有効な事がわかっています。

また、10歳以上のハイシニア犬には、関節の病気や認知症の予防のためにもグルコサミンコンドロイチンなどの成分の入ったドッグフードや認知症に効果のあるDHAが摂れる魚で作られたドッグフードなどもおすすめです。

私たち人間もそうですがワンちゃんも年齢を重ねていくほどに良質な食事と適度な運動が大切であると言えるのではないでしょうか。

無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - ドッグフードの選び方