犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

アレルギー用のドッグフードの選び方

   

pexels-photo-69433
犬にもアレルギーがあるって知っていますか?

私たち人間も色々な物が原因となりアレルギー症状を引き起こすことがありますよね。実は犬も同じように色々なものが原因でアレルギー症状を起こすと言われています。

何が原因なのか、どんな症状を起こすのか

犬のアレルギー症状とはどんな症状なのか?

様々な症状が現れるのですが、皮膚炎、鼻炎、眼の炎症、腸炎などが挙げられます。その中でも一番多い症状が皮膚炎で、痒みや発疹、脱毛などの症状が多くみられます。

また犬のアレルギーの原因となるものも様々なのですが、一番多いのは食物アレルギーです。人間と同様に、犬もノミやハウスダスト、花粉などがアレルゲン(アレルギーの原因となるもの)となることもあるようです。

アレルギーの治療方法としてはアレルゲンを排除する事ですので、ノミやハウスダストがアレルゲンであるなら、掃除を徹底したり、散歩の際には草むらなどには入らないようにしたり、家に入る前にはブラッシングをして毛についたノミや花粉などを取り払うなどしてみましょう。

犬のアレルギーのほとんどを占める食物アレルギーについてはどのようにしたらいいのでしょうか。
まず、犬が食物アレルギーを起こす代表的なものに牛肉、乳製品、ラム肉、鶏肉、小麦、トウモロコシが挙げられます。

まず、ドッグフードを食べて犬が身体をかゆがったり、眼が赤く充血したりなどの症状が出た場合にはまず病院に行きましょう。

またドッグフードの原材料の中の何かにアレルギー反応を起こしている可能性が高いので、すぐにそのドッグフードは中断しましょう。

アレルギー用のドッグフードってどんなもの?

獣医師により、食物アレルギーと診断された場合には疑わしいアレルゲンを除去した食事を与える事が必要となります。

明確にアレルゲンが特定できた場合にはその食物を除去した食事を手作りする事も可能ですが、なかなか「これがアレルゲンだ」と特定する事は難しいのが実状なのです。

それではどのようにしてアレルギー対策のドッグフードを選べばいいのでしょうか?

まとめ

1.お肉の種類を変えてみる

ドッグフードの中のお肉によりアレルギーが出るという事は多くある事です。

もしも、チキンがメインのドッグフードによりアレルギー症状が出たのであれば牛肉メインのドッグ フードに変更してみるという具合にお肉の種類を変えてみるといいでしょう。

また、最近ではアレルギーが出にくいとされている魚をメインとしたドッグフードもあるので試してみるといいでしょう。

2.グレインフリーのものにする

犬は穀物を消化するのに適していない身体の作りをしています。それにもかかわらず、フードの中に穀物が入っていることによりアレルギーを引き起こしているというケースが多数みられます。

グレインフリー(穀物不使用)のドッグフードを選ぶようにしましょう。

3.添加物の入っていないものにする

防腐剤や着色料、香料などが原因でアレルギーを引き起こすという事もあるようです。無添加のドッグフードを選ぶようにしてみましょう。

本来であれば健康な身体を作ってくれる食事により、痒みなどの症状を引き起こすのでは愛犬がかわいそうですよね。

そうならない為にも、以上の点に気をつけてドッグフード選びをしてみるといいでしょう。

無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - ドッグフードの選び方