犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

皮膚によいドッグフードを選ぶ方法

   

animal-dog-golden-retriever-9716
愛犬の皮膚のトラブルで悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。

犬の皮膚病、実は動物病院を受診する理由のNo.1とも言われているほど多いのです。

皮膚病って何となく痒いだけだから少し様子見ようなどと軽く考えがちですが、意外と長期の治療が必要になり、それに伴い医療費もかかるというのが現実なのです。

皮膚病の要因は内的要因と外的要因の二つに分けられます。

内的要因には脂漏性体質やアトピー体質などの先天的な体質によるものと、栄養障害や消化器疾患などの後天的体質に分かれます。

外的要因というのは、体質に合わない食事やシャンプーなどによるものです。

皮膚病を悪化させないためにできること

先に説明したように皮膚病の原因には色々な事が考えられます。

多くの場合に治療と一緒に食事を専用の食事に変える事で効果が認められています。健康な皮膚を維持するためには、バランスのとれた食事をすることがとても大切です。

食事により摂取したタンパク質は体内の器官からまず使われていくので、量が十分でないと皮膚までいきわたらないのです。

という事は健康な皮膚を維持するためには高タンパク質のドッグフードを与えた方がいいという事がわかりますね。

ここで間違えてはいけないのは高タンパク質といっても、植物性タンパク質ではなく動物性タンパク質を与えてあげるようにしましょう。

また、シャンプーなども無添加の物に変えすすぎを充分にし、部屋の掃除を徹底する事も必要です。

ドッグフードを見直すポイントとは

愛犬が皮膚病になってしまったら、病院での治療と共に食事を変える事が効果的です。

高品質で低アレルギーのドッグフードに切り替える事が愛犬の皮膚にとってもいいと言えるでしょう。

高品質であるという事は

原材料が安全で安心な物を使っている。

曖昧なわかりにくい表示の物は、安価な肉を砕いて混ぜていたりすることがあります。中には病気により亡くなった動物が原材料となっているなどどいう事もあるようです。

そういう原材料から作られたドッグフードを長期間食べさせていたら、皮膚だけでなく他の病気も色々と心配ですよね。

トウモロコシや小麦などの穀物が入っていない

犬は肉食動物です。肉食動物の体は穀物などを消化しにくいつくりになっています。

長期間穀物を食べ続けた事が原因でアレルギーを起こし皮膚トラブルにつながるというケースが増えてきています。

肉食動物が本来求めている良質な動物性タンパク質をメインに与えていきましょう。

添加物などが入っていない

様々な病気の原因となると言われている添加物、ドッグフードへの規制は緩いので添加物が色々と入っている粗悪なドッグフードが実在するのが現状です。

だからこそ、私たち飼い主がしっかりと原材料の表示を確認しましょう。

まとめ

遺伝や先天性の要因による皮膚トラブルでない限り、私たち飼い主が予防できる愛犬の皮膚トラブル。

安心して与えられる健康にいいドッグフードを選ぶことで、健康な皮膚を維持できます。

無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - ドッグフードの選び方