犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

危険なドックフードを見分ける4つの方法

   

blonde-woman-1302289_1280
ドッグフードを選ぶときに危険なものがあると思って選んでいますか?

美味しそうに食べてくれるか、太り過ぎないようにできているか、犬種特有のかかりやすい病気を未然に防いでくれる成分が入っているか等、選ぶポイントはいくつかあると思います。

ですが「このドッグフードは食べさせても安全かな?」と考えて買うことはあまりないのではないでしょうか。

私も犬を飼っていますが正直ドッグフードを買う時に食べさせて安全かどうかを考えた事はありませんでした。

ところが、ドッグフードの事を調べていくと愛犬に与えても安全なのか?これを食べさせても危険ではないのか?という事を考えてドッグフード選びをしなければいけないという現実にぶつかりました。

危険なドッグフードってどんなもの

それでは危険なドッグフードとはどういったもので、どのように見分けたらいいのでしょうか。

皆さんはドッグフードを買う時に原材料の表示を見ていますか?

危険なドッグフードを見分ける為には、まずこの原材料の表示に注目しましょう。

1.ミートミールや肉類などという表示のもの

ミートミールとは本来人間は絶対に口にすることのない粗悪な家畜の肉などを砕いた物などをさしているのです。中には病気で亡くなった家畜なども混ざっている事があるようです。

2.原材料にトウモロコシや小麦などの穀物類が入っているもの

犬は本来肉食動物であるため穀物を消化することに適さない腸の長さなのだそうです。

それにも関わらず、原材料の表示にトウモロコシや小麦などの穀物が表示されたドッグフードを長期間与えることによりアレルギーを起こすようになるという説もあるようです。

3.保存料や着色料、防腐剤などの添加物がたくさん入っているもの

私たち人間と比べてだいぶ体の小さな犬にとって添加物の影響が起きないわけがありません。

それにも関わらず、ドッグフードの添加物の使用規制は人間と比べて非常に緩いのが現状です。

添加物の体に及ぼす影響を考えると添加物の表示がたくさんあるものは危険なドッグフードと言えるでしょう。

添加物の中でも特に気をつけたいのはエトキシキンです。これが入っているものなどは絶対に避けましょう。

4.食塩が原材料に表示されているもの。

犬は食塩を必要としない動物なのだそうです。

それでも犬の食いつきを良くする為に食塩を加えているドッグフードもあるようです。食塩と原材料の表示にあるようなドッグフードは避けるようにしましょう。

ドッグフードを選ぶとは

ドッグフードについて調べていくと、どのドッグフードを与えるのが正解なのか正直わからなくなってきます。

嗜好の理由から好みのドッグフードがあり食いつきがそれぞれ異なる事から評価は人それぞれ分かれたりもします。

そこで私が考えるドッグフード選びとは、自分の愛犬に合ったものでかつ自分が無理なく信じられるものを与えるのがベストなドッグフード選びなのではないかという事です。

無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - ドッグフードの豆知識