犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

犬の溶血性貧血 - 症状・原因・治療・予防

   

animal-dog-pet-bulldog
犬の溶血性貧血とは、血液中の赤血球が破壊されることにより、酸素が全身へ行き渡らなくなってしまった状態を言います。

犬の溶血性貧血の症状

溶血とは赤血球が破壊されることを意味します。赤血球は、血液細胞の一種で赤色をしています。肺から取り入れた酸素を身体の隅々に運び、細胞に供給する役割を担っています。

ですから、溶血が起こると、身体の隅々に酸素が行き渡らなくなり、全身が酸欠状態になってしまうのです。このように、全身が酸欠状態になると、いくつかの症状が現れます。

  • ぐったりして元気が出ない
  • 食欲不振
  • 呼吸困難
  • 尿の色が濃くなる
  • 黄疸
  • 運動を嫌がる
  • 口の中の粘膜が蒼白になる
  • 肝臓や脾臓が腫れる

などの、症状が現れますが、他の病気でも同様の症状が現れるため、区別がつきにくいので、早めに、クリニックを受診することをおすすめします。

犬の溶解性貧血の原因

溶解性貧血の原因としては以下の5つが考えられます。

自己免疫性

体内に入ってきた異物を攻撃するはずの免疫細胞が、何らかの原因によって自分の赤血球を攻撃することで溶血が起こります。

外傷

外傷というと「けが」を思い浮かべますが、「けが」だけではありません。人間の例で言うと、行軍による足への反復的な衝撃や、空手などでの手への反復的な打撃が、溶血を引き起こすことがあります。

遺伝

特に自己免疫性の溶血を引き起こし易い犬種が確認されています。具体的には、オールドイングリッシュシープードック、アメリカンコッカースパニエル、イングリッシュコッカースパニエル、プードル、アイリッシュセンター、コリーです。発症年齢は、5〜6歳で、メスに多いとされます。

また、ピルビン酸キナーゼ欠損症が原因となる場合があります。ピルビン酸キナーゼとは、赤血球にある酵素の一種です。これは、赤血球が正常に働くためのエネルギー供給の機能を担っています。この酵素が生まれつき欠落していると赤血球に十分なエネルギーを供給することができず、寿命が短縮して貧血状態に陥ってしまいます。

新生子溶血

新生子溶血とは、生まれたばかりの子犬の赤血球を、母親の母乳に含まれる抗体が攻撃してしまうことです。

ハインツ小体性

犬のハインツ小体性溶血性貧血とは、玉ねぎやネギの成分によって犬の血液内の赤血球が破壊されるためにおこる貧血です。一般的には、「玉ねぎ中毒」とも呼ばれています。

犬の溶解性貧血の治療と予防

貧血が解消されるまでの1〜2週間、内科療法を施し安静にします。貧血症状が酷い場合には、輸血がおこなわれます。しかし、人間と違い、輸血用の血液が見つからないこともあり、輸血が見送られることもあります。

また、内科的な治療で十分な回復が見られない場合は、外科的手術で脾臓を摘出することもあります。なぜなら、赤血球の破壊が、主に肝臓や脾臓でおこなわれるからです。

予防法は、「外傷」と食餌に気をつけることです。他の遺伝的要素などは、防ぎようがありませんので、症状が現れた場合には早めにクリニックを受診することをおすすめします。

まとめ

溶解性貧血も、他の病気と同様、早めのクリニック受診が大切になります。日頃から、犬の様子をチェックして、上記に挙げた症状が現れた場合は、クリニックを受診しましょう。



無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - 血液系の病気