犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

犬の免疫介在性溶血性貧血 - 症状・原因・治療・予防

   

pexels-photo-97863
免疫介在性溶血貧血とは、身体の中に入った病原菌などを退治する免疫成分の1つである抗体が、自分の赤血球を破壊して貧血になる病気です。

犬の免疫介在性溶血貧血の症状

元気がなくなる、運動をしたがらない、すぐに息切れをするなどの一般的な貧血の症状がで出ます。これらの一般的な症状の他に、水を多く飲む、尿の量が多くなる、食欲の低下や嘔吐、黄疸、呼吸が浅く深い。また、脈が速いなどの症状も見られます。

この他、口や舌の色が白くなる、発熱することがある、四肢の先が冷たくなる、という症状も見られます。

免疫介在性溶血貧血は、マルチーズ、オールドイングリッシュシープードル、コッカースパニエルシーズー、アイリッシュセッターなどの犬種に多く見られ、特にメスに多く見られる傾向があります。ただし、どの犬種にも条件がそろえば発症することは十分に考えられますから、上記の犬種については、あくまでも参考程度にとどめておいてください。

犬の免疫介在性溶血貧血の原因

一般的には、ウイルスや細菌の感染、抗生剤やワクチンなどといった様々な薬物が要因と考えられていますが、不明確なこともあります。

免疫介在性溶血貧血は、冒頭にも述べましたように、本来であれば、自己の体内に侵入した病原菌などを退治する免疫成分が、自分の赤血球を破壊して起こります。免疫成分は、主に脾臓や肝臓の細胞に捕らわれて、赤血球が破壊されます。

そして、失われる赤血球が、造られる赤血球に追いつかないと、貧血として現れます。そうなると、体内に十分な酸素が行き渡らず、各器官が酸欠状態になります。

溶血が急速に起きると、貧血に対する代償が働かないため、命を脅かすほど危険な状態になります。

犬の免疫介在性溶血貧血の治療と予防

免疫介在性溶血貧血の治療は、赤血球を破壊する免疫システムを押さえるために、ステロイド剤などの免疫抑制剤を投与します。通常は、副腎皮質ホルモン剤を初めに投与します。

しかし、症状が改善しない場合は、他の免疫抑制剤を併用します。治療は、数ヶ月間続ける必要があります。ですから、この間は、免疫力の低下による感染や副腎皮質ホルモン剤の副作用に注意する必要があります。

症状が重い場合は、輸血をすることもあります。ただし、輸血によって、さらに症状が悪化する場合もあるので、注意が必要です。

再発性や難治性の場合は、脾臓を摘出する場合もあります。

免疫介在性溶血貧血の予防は、その原因が特定しがたく不明確なこともあり、予防は困難と言われています。しかし、免疫介在性溶血貧血は、発症してから2〜3週間で死亡することもあり、早期発見・早期治療が重要となります。

まとめ

免疫介在性溶血貧血は、一般的な貧血の症状と見た目では変わらないことが多いので、早期に発見することが重要となります。ですから、日頃から、犬の様子をこまめに観察することが大切です。発症してから比較的短期間で死亡する例もありますので、早期の治療が必要となります。



無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - 血液系の病気