犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

犬の低血糖症 - 症状・原因・治療・予防

   

IY651BJCG8
犬の低血糖症とは、血液中の糖分(グルコース)が、少なくなり、細胞への糖分が十分におこなわれない状態を言います。

犬の低血糖症の症状

主な症状は、ぐったりする、元気がなくなる、運動失調になる、身体の下半身の麻痺、痙攣発作を起こす、失明(数日〜)など、です。血液中の糖分の低下の仕方や、その持続時間、血液中の糖分の濃度によって、症状は多少異なります。

痙攣発作は、てんかんなどの発作とは異なり、持続性はありますが、あまり激しくない筋収縮です。例えば、前肢だけを突っ張ったり、意識は無いが歯を食いしばって口が開けづらい、などです。

犬の低血糖症の原因

子犬と成犬の場合で違ってきます。

子犬の場合

生後3カ月までに多く見られます。原因としては、消化管内寄生虫症、ストレス性腸症候群、パルボウイルス感染症など、何らかの病気がある犬が長時間食餌が摂れない状態が続くと、それがきっかけになって低血糖症を発症します。

成犬では、長時間食餌を摂らなくても、肝臓に蓄積したグリコーゲンを分解して、血糖値を維持できますが、子犬の場合、それができません。

特に小型犬で、下痢と嘔吐を繰り返している場合は、注意が必要です。また、気温の低下も、エネルギーを消耗するため低血糖症を誘発する原因となります。

成犬の場合

5歳以上の犬に多く、ホルモンバランスの異常、膵臓の腫瘍によるインスリンの過剰分泌、敗血症などの重度の感染症などの病気が原因で低血糖症を発症します。また、糖尿病にかかっている犬の場合、治療でインスリン療法をおこなっている時にインスリンの過剰投与が低血糖症を発症させることがあります。

犬種では、アイリッシュセッター、ゴールデンレトリバー、ボクサー、スタンダードプードル、ジャーマンシェパードなどの大型犬が発症しやすいと言われています。

また、7歳以上の老犬の場合に低血糖症が現れた場合は、膵臓に腫瘍ができたことが原因となる場合があります。

犬の低血糖症の治療と予防

犬の低血糖症の治療としては、子犬の場合は、ブドウ糖液を飲ませる。成犬の場合は、消化吸収されやすい食餌を与えることによって、血糖値を正常に戻します。

ただし、チョコレートは与えないでください。意識を失っている場合には、とりあえずの応急策として、ガムシロップを頬の内側に塗りつけます。その際、誤飲が起こらないよう一気に大量に流し込まないように注意することが必要です。

また、低血糖が他の病気、例えば、膵臓の腫瘍などが原因の場合には、まずそれらの病気の治療をおこないます。ただ、膵臓の腫瘍の発見は難しいと言われています。

犬の低血糖の予防としては、低血糖症を発症しやすい状況を極力つくらないことです。子犬であれば、温かくして授乳回数を増やす。成犬の場合は、空腹時に運動をさせない、などです。

まとめ

犬の低血糖症は、子犬と成犬の場合でその原因が異なります。糖尿病を抱えた犬の場合は、インスリンの過剰投与に気をつけましょう。また、膵臓に腫瘍ができたなど、他の病気が原因となることも考えられますので、定期的な検査が必要です。



無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - 血液系の病気