犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

犬の心房中隔欠損症 - 症状・原因・治療・予防

   

animal-dog-pet-eyes
心房中隔欠損症とは、心臓の右心房と左心房を隔てている壁の一部が欠損して穴が開き、そこから血液が逆流する先天的な病気です。

単独での発症は比較的まれで、心室中隔欠損症や動脈管開依存症など、他の先天的な病気と併発していることが多く見られます。

犬の心房中隔欠損症の症状

心房中隔欠損症は、心臓の右心房と左心房を隔てているの一部が欠損しておこる病気です。通常であれば、この穴は、成長とともに塞がっていくのですが、塞がらず開ききった状態で閉じません。穴が小さいと症状は、特に現れません。

症状は、酸欠によるチアノーゼ(歯茎などが紫色に変色する)や発育障害、食欲不振などが起きます。しかしながら、この症状は他の心臓病でも起こる症状ですから、心房中隔欠損症の独自の症状とは言えません。

穴が大きいと、心臓や肺に負担がかかり、肺高血圧症、肺うっ血、右心室不全などの症状が現れます。

また、心房中隔欠損症はまれな病気ですが、イングリッシュシープードッグ、ボクサー、ドーベルマンなどの犬種やメスに多く見られます。

フィラリア症を併発すると、フィラリアの成虫が、右心房から左心房に移動して、全身の血管に流れ込み、重篤な症状に繋がることがありますので、注意が必要です。

犬の心房中隔欠損症の原因

心房中隔欠損症を発症する原因は、通常、発育とともに塞がっていくはずの左右を隔てる中隔という組織が、胎児期または出生後の発育不全で穴が閉じないままになってしまうことが挙げられます。犬おいては数少ない先天性の病気で、犬の種類によっては多く見られる場合や遺伝子的要素が関与しているとも言われています。

先天性の奇形とも考えられる病気で、治療法や予防法が確立されていないのが現状です。危篤な症状が無ければ経過観察をおこなうなどの措置がとられますが、開いた穴の大きさや症状によって異なります。

発病することで、他の心臓病と同様の症状が現れます。

犬の心房中隔欠損症の治療と予防

心房中隔欠損症は、心臓の病気であり、開いた穴の大きさや症状によって治療法が異なります。穴が小さく、特に目立った症状が無い場合には、経過観察となります。また、犬の成長とともに、穴が塞がっていくこともあります。しかし、心臓の病気を抱えていることは確かなので、経過観察が必要となります。

重度の場合には、外科的な手術をおこなう場合があります。しかし、鬱血性心不全を発症しているなど場合には、心臓の状態が良くない場合には、服薬などの内科的措置をとる場合もあります。

心房中隔欠損症は先天性の病気のため、有効な予防手段がありません。この病気から守るためには、検査による早期発見・早期治療が重要になります。そのため、心臓病に関する症状を専門的に扱っている動物病院を受診することが有効です。

まとめ

心房中隔欠損症は、先天性の病気のため有効な予防手段がありません。ですから、日頃から、犬の様子をこまめに見て、症状が出始めたら早めにクリニックを受診するようにしましょう。何よりも、早期発見・早期治療が重要になります。

無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - 心臓の病気