犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

犬の気胸 - 症状・原因・治療・予防

   

pexels-photo-92380
犬の気胸とは、肺の病気です。胸に不要な空気が入り込んでしまうことで、肺の伸縮が正常におこなわれなくなる病気です。犬の気胸は、重症化すると命に関わる状態に症状が悪化してしてしまう可能性があります。

犬の気胸の症状

犬の気胸は、損傷を受けた気管から空気が漏れ、胸腔の中に空気が溜まってしまうことによって、肺が十分に膨らむことが出来なくなった状態です。

気胸の症状としては、まず呼吸困難が現れます。このとき、呼吸が普段よりも非常に速くなりますので、すぐに分かります。その後、よだれを垂らす、運動失調になり元気がなくなる、胸を触ろうとすると痛がって嫌がる、嘔吐物に血が混じるなどの症状が現れます。

犬の気胸の原因

犬の気胸の原因は、大きく分けて2つに分類されます。病気によるものと外傷によるものです。

犬の気胸を引き起こす病気は、肺炎、肺気腫などが代表的です。これらの病気によって、呼吸により吸い込んだ空気を肺に届ける気管が損傷を受けると気胸を引き起こします。

また、外傷によって気管が損傷を受けて、気胸になる場合もあります。交通事故などによって、胸部が強く圧迫されると外傷によって、気胸を引き起こす可能性が高まるので注意が必要です。

犬の気胸の治療と予防

犬の気胸は、損傷を受けた気管から空気が漏れ、胸腔の中に空気が溜まってしまうことによって起こります。その原因は、病気と外傷の2つです。

まず、肺炎や肺気腫などの病気がある場合には、その病気の治療を優先し、気胸の症状を和らげます。ただし、気胸の症状が重症化している場合には、肺炎や肺気腫などの治療と併せて、胸腔の中に溜まった空気を取り除き、肺が圧迫された状態を取り除くために「脱気」をおこないます。

外傷によって気管が損傷または、肺に穴が開いている場合には、まず、その穴を塞ぐ外科手術をおこないます。場合によっては、酸素吸入をおこないながら、自然に呼吸が出来るようになるまで待ったり、胸腔の中にチューブを通して、空気が溜まらないようにします。

気胸は、肺を押しつぶしてしまう危険性があるので、早急に対処しなければならない病気です。

犬の気胸の主な原因は病気と外傷です。病気が原因となって気胸を引き起こしている場合には、原因となっている病気の治療を優先します。気管や肺などの病気によって、気胸になることを自然発声性気胸と言います。この言葉が示すとおり、自然に発生する気胸なので、予防が難しいのが現状です。ですので、治療による対策に頼らざるを得ません。

一方、外傷による気胸に対しては、事前に対策をとることが可能です。交通事故などの事故に合わないようにすることが、大切です。また、胸部に強い負荷がかからないように配慮することも大切です。ただ、強い咳によって気胸になる場合もあります。ですから、外傷による気胸も完全に予防することは難しいのが現状です。

まとめ

犬の気胸は、ちょっとしたきっかけで引き起こされることがある病気です。大事なのは、気胸の症状を見過ごさず、症状が出た場合には早めにクリニックを受診することが大切となります。

無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - 呼吸器・アレルギー性の病気