犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

犬の僧帽弁閉鎖不全症(心臓弁膜症) - 症状・原因・治療・予防

   

pexels-photo-58997
僧帽弁閉鎖不全症(心臓弁膜症)とは、「僧帽弁」と言う心臓の弁がうまく「閉鎖」出来ない病気です。本来は、一方通行であるはずの血液が心臓内で逆流を起こしてしますのです。心臓の病気のうち、およそ80%が僧帽弁閉鎖不全症(心臓弁膜症)と言われているくらい多い病気です。

犬の僧帽弁閉鎖不全症(心臓弁膜症)の症状

僧帽弁閉鎖不全症(心臓弁膜症)とは、「僧帽弁」と言う心臓の弁がうまく「閉鎖」出来ない病気です。

心臓の中で血液が逆流してしまうと、逆流した分だけ身体へ送り出す血液が減ってしまいます。当初は、少量ですので、大きな障害は出ないことが多くあります。しかし、徐々に進行していくと、逆流する血液の量が増えて、身体に流れる血液の量が足りなくなってきます。

僧帽弁閉鎖不全症(心臓弁膜症)の初期には、症状が見られないことが多いです。しかし、病気が進行すると、血液の巡りが悪くなりますから、ちょっとした運動でも、すぐに疲れてしまったり、息苦しくなって座り込むこともあります。

酷くなると脳貧血で失神してしまうこともあります。なかなか分かりにくいですが、肉球が白っぽく見えたり、口内が紫色に変色(チアノーゼ)したりもします。また、負担がかかって大きくなった心臓が、気管に触れるようになって、その刺激から咳がでます。咳は、寝ている時や激しい運動をしたときに見られます。

犬の僧帽弁閉鎖不全症(心臓弁膜症)の原因

現時点では、不明です。なぜ、僧帽弁がうまく「閉鎖」出来なくなるのかの原因は、現状では、分かっていません。

人間にもこの病気はあり、いくつか原因が挙げられていますが、犬でも当てはまるのかどうかは、分かっていません。ただ、加齢とともに増える傾向にあり、歯周病菌が心臓に達することが原因との説もありますが、現時点では、解明されていないのが現状です。

犬の僧帽弁閉鎖不全症(心臓弁膜症)の治療と予防

進行性の病気なので完全に治すことは出来ません。症状に合わせての投薬量法、食餌療法、運動制限などで症状を軽減して、病気の進行を遅らせることが出来ます。投薬量法では、ACE阻害薬という薬が使われることが多いです。心臓の働きを休める効果があるのがこの薬の特徴です。食餌療法では、塩分を取り過ぎないようにするのがメインです。

僧帽弁閉鎖不全症(心臓弁膜症)の予防法は、原因が分からないため、予防法がないというのが現状です。

まとめ

僧帽弁閉鎖不全症(心臓弁膜症)は、「僧帽弁」と言う心臓の弁がうまく「閉鎖」出来ない病気です。

初期症状がほとんどなく、多くは健康診断で「心雑音」が見つかり、検査の結果、病気が発見されます。ですので、定期的な健康診断を受けることが何よりも大切になります。

早期発見・早期治療をすることで、病気の進行を遅らせることが出来るからです。また、日頃から、犬の様子を注意深く観察して、咳などの症状が現れたら、早めにクリニックを受診するようにしましょう。

無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - 心臓の病気