犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

妊娠から出産後の母犬には栄養価の高いドッグフードで健康に配慮しよう!

   

puppy-1207816_640

愛犬の出産は飼い主さんにとっても感動的なもの。安心安全なフードで健康を維持したい

もしも愛犬が出産することになったら、飼い主さんもとても心配になってしまうと思います。かわいい子犬が産まれることは、一生忘れることができないくらいに感動的なものです。それだけに母子ともに健康な出産に備えたいですね。

母犬の妊娠期はおよそ2か月ほどです。この間のフードは基本的には普段と同じものを与えても構わないでしょう。ただ、徐々におっぱいが大きく張ってきて、中には人の「つわり」と同じような状態になる子もいるようですので、そんな時には無理にフードを与えるのではなく、お腹が空いて自分から食べるようになるまで待ってから与える方が、犬にとってはストレスも少ないようです。あとは出産日まで、過度な運動は控えて、できるだけ普段通りの生活を心がけましょう。

出産中の母犬は、ほぼ絶食絶飲状態で臨みます。大型犬はたいへんです

出産は犬にとっても一大事。大型犬では子犬の数も多いので、出産は1日がかりというケースもあります。

出産が近くなると、母犬は落ち着きがなくなり、出産の場所を作り始めます。あらかじめ飼い主さんが出産のスペースを作ってあげるといいですね。そして本格的に陣痛が起こると母犬は水もご飯も食べずに出産に向かうことになります。

小型犬であれば一度に2~3匹の出産、大型犬では6~8匹にもなります。特に大型犬は出産も時間がかかります。

産み終わった母犬にはご褒美の気持ちを込めておいしいご飯を

無事に出産を終えた母犬は、1匹1匹に愛情を込めて体を舐め、初めての母乳を与えます。まだ目も見えていない子犬たちですが、ちゃんと母犬のお乳を探り当てて一生懸命にお乳を飲む姿は本当に感動的です。

大役を終えた母犬はきっと体力的にもとても疲れ果てています。出産を終えた段階でようやくお水を口にすることができるようになるので、その様子を確かめたら、なるべく栄養価が高い缶詰のフードを与えてあげるのがいいでしょう。

飼い主さんからのご褒美の意味も込めて、母犬にご馳走をしてあげましょう。その後も母犬は毎日、子犬たちに母乳を与えなくてはなりませんから、しばらくは母犬の体力が落ちないように栄養価には気を付けて、高カロリーのフードを与えるようにしましょう。缶詰のフードでもレバー系の肉が入っているものはおすすめの一つです。基本的に肉を中心にした缶詰フードが出産後の理想的なフードと言えます。

かわいい子犬の姿に癒されること間違いなしですが、母犬の健康こそが子犬たちの元気な成長にも影響するので、出産後のフード選びは気を付けたいですね。

無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - ドッグフードと犬の健康