犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

犬のジステンバーウイルス感染症 - 症状・原因・治療・予防

   

animal-dog-pet (1)
犬のジステンバーウイルス感染症は、犬ジステンバーウイルスの感染により、くしゃみや鼻水、咳といった呼吸器系の症状や嘔吐、下痢などの消化器系の症状、麻痺や運動失調などの神経症状が見られる発熱性の病気です。

犬のジステンバーウイルス感染症の症状

犬ジステンバーウイルスに感染しても免疫力(ワクチンを接種)のある犬や、比較的体力のある犬は、多くがほとんど無症状かケンネルコフのような軽い呼吸器系の症状で済みます。しかし、ワクチンを未接種の犬や、特に免疫力の少ない子犬や老犬、他の病気にかかっており体力が弱っている犬では、以下の症状が見られます。

感染初期には、目やにや鼻水、40度前後の発熱、食欲不振や元気がなくなるといった症状が現れます。その次に、咳やくしゃみといった呼吸器系の症状や、嘔吐、下痢などの消化器系の症状が現れます。これらの症状は、細菌の2次感染によってさらに悪化し、重い肺炎を引き起こすことがあります。

免疫力が十分に発揮されない場合、ウイルスは神経系にまで侵入して、脳脊髄炎を引き起こし、麻痺や痙攣、運動失調といった神経症状が現れます。神経症状は、呼吸器系や消化器系の症状と同時に起こってくる場合もあれば、これらの症状が改善した後、数週から数カ月後に突然現れる場合もあります。

この他に、脈絡網膜炎や網膜剥離、視神経炎による失明や化膿性皮膚炎、鼻やパッドの角化が進んで硬くなるといった症状も見られることもあります。

ジステンバーウイルス感染症が急激に進行した場合には、命に関わります。また、まれですが、病気が回復した後にも失明や神経症状、歯のエナメル質形成不全が後遺症として残ることもあります。

犬のジステンバーウイルス感染症の原因

犬ジステンバーウイルス感染症は、犬ジステンバーウイルスに感染することで発症します。すでに感染している犬の目やにや鼻水、唾液、尿、便、などに接触して感染する場合もあります。また、ウイルスに感染している犬の咳やくしゃみで飛散したウイルスを吸い込んだりして感染する場合もあります。

特に1歳未満の子犬が、まだワクチンを接種していない場合、また、ワクチン接種を適切に済ませていない場合の発症が多く見られる傾向があります。また、高齢や他の病気で免疫力が低下している場合なども発症することがあります。

犬のジステンバーウイルス感染症の治療と予防

犬ジステンバーウイルス感染症に有効な治療法はありません。そのため、治療は点滴や抗生剤、抗痙攣剤などの投与による支持療法や対症療法が中心となります。

犬ジステンバーウイルス感染症の予防は、ワクチン接種が有効です。子犬を飼い始めた場合、適切な時期、回数のワクチンを接種することが重要になります。クリニックと相談して、ワクチンを接種するようにしてください。

まとめ

犬ジステンバーウイルス感染症は、ワクチンで予防できます。ただ、他の病気にかかっている場合に体力が落ちている時には、注意が必要です。また、症状が現れた場合には、早めにクリニックを受診するようにしてください。そのためにも、日頃から、犬の様子をこまめに見ておくことが大切です。

無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - 感染症の病気