犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

犬の細菌性腸炎 - 症状・原因・治療・予防

   

dog-puppy-tumblr-puppylove (2)
犬の細菌性腸炎は、細菌によって引き起こされる腸炎のことです。腸炎を引き起こす細菌は、あらゆる場所に存在します。ですが、犬が感染するリスクを軽減することは可能です。

犬の細菌性腸炎の症状

犬の細菌性腸炎は、細菌によって引き起こされる腸炎のことです。細菌性腸炎を発症すると腹痛や下痢を起こし、脱水症状や食欲不振の症状が出ます。下痢や血便をしたり、身体を丸めて痛がっているような様子を見せている場合は、細菌性腸炎を発症している可能性があります。

生まれてから間もない子犬は、免疫力が弱いこともあり、この段階で細菌性腸炎にかかった場合は、早期に血便を起こしてしまう可能性があります。

犬の細菌性腸炎の原因

細菌性腸炎は、細菌が体内に入り込み発症する腸炎の音です。
主な細菌としては、「サルモネラ菌」「カンピロバクター菌」の2つです。これらの細菌が体内に入り込み、(有毒な)エンテロトキシンを腸内で生成します。これらは、は虫類の体内に多く見られる細菌としても知られております。ですので、は虫類を飼っている家では、犬に感染しないように注意する必要があります。

また、細菌は、細菌に汚染された水や食べ物、食器などをなめることにより、犬の体内に侵入します。具体的には、生ゴミあさり、屋外の死肉、古いドライフード、生肉、豚耳などが危険といわれています。また、糞便を口にしやすく、ストレスのかかりやすい繁殖施設、保護施設、多頭飼いといった高密度、不衛生環境も同様に危険です。

上記の2つの細菌の他に「大腸菌」「クロストリジウム菌」「スピロヘータ」「プロテウス菌」「緑膿菌」などがあります。

犬の細菌性腸炎の治療と予防

細菌性腸炎の治療としては、抗生剤を投与します。しかし、薬剤に対して耐性を持った菌が出現する可能性があるので、症状が重い場合に限ります。ですので、主には、症状の軽減を目的とした対症療法がメインとなります。脱水症状が起こっている場合には、輸液をおこない、腸の粘膜を保護するための保護剤なども使用します。

犬の10%は、何らかの細菌を保有していると言われます。免疫力が正常であれば、症状は出ません。しかし、ストレスや手術、栄養不足などで体力が弱り、免疫力が低下している場合には、細菌が繁殖して発症することがあります。ですので、日頃から、免疫力を低下させないように気をつけることが重要になります。

まとめ

細菌性腸炎は、細菌が体内に入り込み、そこで増殖して発症します。特に、子犬や老犬など、免疫力が低下し、体力が落ちている犬に発症しやすいので、気をつけることが重要になります。

日頃から、犬の様子をこまめに観察して、下痢や血便、お腹が痛いなどの素振りを見せている場合は、早めにクリニックを受診するようにしてください。また、免疫力が低下しないように、ストレスをため込まないような食生活をすることも大切です。適度に、散歩に連れて行くなど、できるだけ犬のストレスを発散出来るようにしてください。

無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - 感染症の病気