犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

犬の胸水 - 症状・原因・治療・予防

   

pexels-photo-14644
胸水とは、身体の代謝が悪くなり、心臓や肺を包んでいる胸膜に漏れ出した体液や血液が溜まってしまう病気です。この原因は、現状では十分に解明されていません。ですが、心臓病や癌、血管の病気などによって発症することが多いです。

犬の胸水の症状

胸水とは、心臓や肺などを包んでいる胸膜に漏れ出した体液や血液が溜まる病気です。
主な症状としては、普段は元気に駆け回っているのに、あまり運動をしなくなるという症例もあります。この場合は、肺の部分に集中的に体液が溜まってしまうことによって、肺が圧迫され、呼吸が苦しくなり、呼吸困難を起こしている場合もあります。

また、いつもより元気がない、食欲不振、舌が変色している、下痢を頻繁にするようになるなどの症状も起こります。

犬の胸水の原因

胸水とは、身体内の水分を代謝する場所に異常が起きたときに、心臓や肺などを覆っている胸膜に漏れ出た体液や血液が溜まる病気です。現在のところ、はっきりとした原因は分かっていません。ただ、癌や心臓の病気が原因となっていることが多いです。この病気が疑われたときには、クリニックでエコー検査をして胸水が溜まっているかどうかを確認するのが一番の方法です。

胸水の原因は様々ですが、循環器や血管、血液、リンパ管などの異常や病気によって発症することが多いです。溜まる体液には、リンパ液や血液、膿などがあり、その種類によって、乳び胸、血胸、膿胸などと言い方が変わることもあります。

犬の胸水の治療と予防

胸水の程度が軽度であれば、利尿剤、アルブミン製剤、血管拡張剤などで身体の水分を取り除きます。また、食餌療法で治るケースもあります。ただし、薬の投与だけでは十分な効果が得られない場合や緊急を要する場合は、胸に針を刺して水を抜くこともあります。また、状態によっては、開胸手術によって処置を施す場合もあります。

そして、原因となっている病気が分かっている場合は、その病気の治療も併せておこないます。
水が溜まっている場合でも、必ずしも針や外科手術で水を抜かなければならないと言うことではありません。犬の体力や治療時の負担を総合的に考えて、今すぐに水を抜かなければならない場合以外は、水を抜かずに経過観察することもあります。

胸水が溜まる原因は、現時点では、解明されていません。癌や心臓病などによる水分の代謝不全が関係していると言われています。ですから、日頃からエコー検査を受けておくと、症状が出始める前に早期発見が出来ます。

まとめ

胸水が溜まる原因は、解明されていません。ですので、日頃からエコー検査を受けることで早期発見できます。

また、日頃から犬の様子をこまめに観察することで、上記のような症状が出た場合に、異変に気づきやすいでしょう。症状が出始め、そのまま放置すると他の臓器を圧迫するため、早急に胸水を排出しなければなりません。ですから、症状が出始めたら、早めにクリニックを受診することをおすすめします。

無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - 感染症の病気