犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

犬の皮脂腺腫 - 症状・原因・治療・予防

   

pexels-photo (32)
犬の皮脂腺腫とは、皮脂を分泌する皮脂腺が詰まることによって出来る良性の腫瘍のことを言います。皮脂腺が詰まることによって、しこりとなり、不衛生にしていると、患部が化膿することによって発症します。

犬の皮脂腺腫の症状

皮脂腺腫の症状は、皮膚内の毛根部分の皮脂腺がつまり、化膿を起こしたり、しこりとなって現れます。患部がドーム型に腫れるので、見た目でもすぐに分かります。

また、小さな腫瘤がたくさん出来ることもあります。瞼に出来ることもありますが、これは、マイボーム腺腫と言われます。

複数の腫瘤が集まって出来るため、その部分の皮膚はドーム型に脱毛します。犬の皮膚腫瘍のうち、約5〜35%が皮膚腫瘍が占めています。

皮膚の腫瘤以外の症状はほとんどありません。しかし、まれに腫瘤をひっかいたりしてしまって皮膚の表面が炎症したり、感染症を引き起こしたりします。腫瘍自体は良性なので転移については心配ありません。ただ、局所部分の再発が多いので注意が必要です。

皮膚腺腫は皮脂の分泌する腺が詰まりやすい10歳以上の老犬に多く見られるという特徴があります。ただ、コッカースパニエルやテリアにもよく見られる病気です。

犬の皮膚腺腫の原因

皮膚の中や目の周りに出来る腺腫は、皮脂腺から発症するので皮脂腺腫と呼ばれています。皮脂腺は、皮膚の毛根部分にあって、体表の脂を出す部位のことを言います。

その皮脂腺の出口が詰まってしまって、中で化膿を起こしたり、しこりになってしまうのです。老犬に多い病気です。

犬の皮脂腺腫の治療と予防

皮脂腺腫の転移はまれですが、局所再発が多いのが特徴です。ですから、広範な外科的切除が有効な治療法です。再発は特にありませんが、多発することが多いのが特徴です。なので、別の場所に新しい腫瘍が出来ることがあります。

患部が大きくならなければ切除せずに経過観察をすることがあります。しかし、去勢していない場合、悪性の腫瘍と見分けがつかないため、経過観察するのはあまり良い対処法とは言えません。

患部を切除して病理検査をおこなうことによって、皮脂腺腫かどうかをはっきりさせることが出来ます。ですから、違う病気である可能性が捨てきれない場合は、外科手術で取り去るのが最良の治療方法と言えます。

皮脂腺腫は、去勢していないオスに発生することが多い病気です。なので、最も良い予防法は現時点ではありません。予防と発見法は、定期的な健康診断と触診だけとなります。この方法で、できるだけ病巣が小さいうちに発見し、クリニックでの治療を受ける以外に良い選択肢はありません。

まとめ

皮脂腫瘍は良性の腫瘍なので転移の恐れはほとんどなく、特に問題ありません。しかし、見た目は悪性腫瘍とよく似ています。

そのため誤って自己診断してしまうことも少なくありません。ですから、皮膚に症状を発見した場合は、必ずクリニックで診察をしてもらうことが重要となります。定期的に健康診断を受けるようにしましょう。

無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - 癌・腫瘍性