犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

ドッグフードの量は愛犬の体重を考量しよう - 太らない与え方

   

dog-pet-fur-brown

愛犬の体調を考えて選びましょう

ペットというより、もはや家族の犬が元気で生活するために、ドックフード選びはとても重要なポイントです。人間と犬の食生活は違いますが、自分で自由に好きな食材を選べる人間と違って、犬たちは自分で選ぶことができません

飼い主がきちんとした目で、その犬にあったものを選んであげることが大切です。犬がおいしそうに食べるから、とか、とりあえず元気だから、というだけでなく、長い目で体調を整えられるフードを選んであげたいものです。

いま食べている食べ物が、半年後の自分を作る、と言われますが、犬も同じです。ドッグフードの内容物は、パッケージに記載されているものを、信用するしかないわけですが、肉類でも何のお肉か、穀物はどんなものがはいっているか、そのフードの構成がなるべく詳細に記載されているものを選びます。

また、犬は基本的に肉食なので、肉類などの動物性たんぱく質の含有量の高いものが理想です。できればお肉の種類にもこだわりたいところです。

もともと食材のアレルギーがある子は内容をチェックするのはもちろんですが、そのフードを食べ続けることで、アレルギーが出てしまうこともあります。飼い主は注意深く、犬のフードの食べ方、おなかの調子、毛並みなど観察して、できるだけ最善のフードを選んであげることが必要です。

ドッグフードを与える量は体重でチェックする

ドッグフードを変えた場合や、また同じフードでも、犬の体調の変化などによって、量を変化させます。

基本的にパッケージに書いてある犬の体重と、量の基準を参考にしますが、犬によっては体重の範囲内でも、上限や下限に近い場合や、その犬の運動量の多さ、おなかの調子などで、調節していく必要があります。

そのために、体重をこまめに計り、体重を管理しながら、フードの量を変えていきます

気分転換に与えるおやつを変えたり、猛暑でお散歩が短い季節など、犬の体調というより、毎日の生活の変化などでも体重も変わります。

小型犬などは、フードのほんの少しの量で体重が変化しますので、さらにきちんと見てあげることが必要です。パッケージに書いてある基本の量、というより、その子の調子のよい量を探してあげることが大事になります。

増やせる分にはいいですが、減らすことになった場合、栄養がきちんと取れなくなってしまっては、元も子もありません。

そのためにも、動物性たんぱく質などが多く栄養価が高い、量を多少調節しても、健康を保てるフード選んであげたいものですね。

無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - ドッグフードと犬の健康