犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

犬の胸膜炎 - 症状・原因・治療・予防

   

pexels-photo-47444
胸膜は、肺の外側と胸腔の内側を覆っている膜のことを言います。胸膜内には、胸水が含まれています。この胸膜に炎症が起こってしまうのが、胸膜炎です。

犬の胸膜炎の症状

胸膜炎とは、肺の外側と胸腔の内側を覆っている膜(胸膜)が炎症を起こしてしまう病気です。胸膜炎が、軽度の場合、呼吸が多少、荒くなりますが、目に見えた症状はありません。重度の場合は、呼吸困難をはじめ、前足を突っ張り呼吸が楽になる姿勢をしたがります。呼吸をするのが辛いため、散歩をするのを嫌がります。

また、胸膜炎の特徴としては、鼻汁が出ないことです。他の呼吸器系の病気の場合、鼻汁が出るケースが多いのですが、胸膜炎の場合は、それが見られません。

重症化し、熱が出始めたら危険度が高いと言われています。食欲不振、呼吸困難が進行して、命に関わることがあります。

犬の胸膜炎の原因

胸膜炎とは、胸膜が炎症を起こしてしまう病気です。原因としては、主に感染症と癌が挙げられます。ただ、癌は、感染症に比べると頻度はまれです。

ウイルスや細菌などに感染すると胸膜炎を引き起こすことがあります。犬の場合は、犬伝染性肝炎に続いて、発症することが多いと言われています。また、胸に穴が開くなど、直接的な外傷から細菌などが侵入して発症するケースもあります。例えば、猟犬やスポーツ犬など、障害物に勢いよく衝突する可能性のある犬。他の犬とけんかをして胸の辺りを咬まれてしまった犬などです。

外傷が原因の胸膜炎では、アクチノマイセス属、ノルカディア属、バクテロイデス属、コリネバクテリウム、大腸菌、レンサ球菌などが多く検出されると言われています。
癌(悪性腫瘍)については、他の部位に出来た癌の転移によって胸膜炎が起こることがありますが、感染症に比べると、その頻度はまれです。

犬の胸膜炎の治療と予防

別の病気によって胸膜炎が起きている場合は、まず、それらの病気の治療がおこなわれます。また、胸膜炎の原因となっているウイルスや細菌を突き止める場合は、胸腔に針を刺して、胸水を抜き取ります。その胸水を調べて原因を突き止めたら、それに最も効果のある抗生剤などが投与します。

症状が重い場合、それを和らげるために対症療法をおこないます。体内に体液が溜まった場合は、針などを胸腔内に刺して、体液を抜き取ります。それでも、胸水や膿が溜まる場合は、ある程度続けて体液を抜くことが必要となりますので、経過観察をおこないながら、数週間の入院が必要となることもあります。

予防は、ウイルス感染対策となります。犬伝染性肝炎から胸膜炎になってしまうケースが多いので、犬伝染性肝炎の予防は大切です。犬伝染性肝炎の予防にはワクチンが有効です。子犬のうちにワクチンを接種して、成犬になってからも定期的な健康診断とワクチン接種をおこないましょう。

まとめ

胸膜炎は軽症の場合、目立った症状は現れません。しかし、重症化すると、命に関わる病気です。症状が出始めたら、早めにクリニックを受診することをおすすめします。同時に、予防のためにはワクチン接種が有効ですので、定期的な健康診断とともにワクチン接種をおこなうことが重要となります。



無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - 呼吸器・アレルギー性の病気