犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

犬の副鼻腔炎 - 症状・原因・治療・予防

   

wall-animal-dog-pet
副鼻腔炎とは、鼻の奥にある空洞、つまり「副鼻腔」内に炎症が発症した状態を言います。副鼻腔炎は、普通の鼻炎の症状が酷くなった状態です。鼻水が粘りけを増したり、時には、血が混じることもあります。このような状態になると、鼻は常に鼻水で塞がれて口呼吸が日常的になります。さらに、呼吸が荒くなる症状も見られます。

犬の副鼻腔炎の症状

副鼻腔炎は、いわゆる「蓄膿症」と考えてよく、鼻炎が慢性化、重症化したものなので基本的には、鼻炎と同じような症状が出ます。ですから、初期の症状としては、鼻水やくしゃみといった鼻炎でよく見られる症状に加えて、呼吸が荒くなり、苦しそうに呼吸をする。ネバネバした膿の混じった鼻水や鼻血が出る、などの症状が見られます。

また、人間と同じように鼻と目は深く繋がっているので、鼻の不調が目にまで及びます。ですから、鼻づまりの影響で目やにや涙が出やすくなり、結膜炎を併発する可能性があります。

この他、副鼻腔炎は、副鼻腔に膿が溜まっている状態のため、呼吸がしづらく鼻もきかないので、食欲不振になり、栄養失調に繋がる恐れもあります。

見た目では、鼻の上が腫れていたり、膨らんでいたりするほか、熱を持ち痛みを伴っていることがあります。このような状態の時は、腫れた部分を触られるのを嫌がります。

犬の副鼻腔炎の原因

副鼻腔炎は、主に、鼻腔や上あごの炎症が副鼻腔にまで広がることが原因で起こります。鼻腔の炎症は、ウイルスや細菌、真菌(カビ)などに感染することで起こります。この鼻炎が長く続きそのまま放置していると、鼻腔の奥にある副鼻腔まで広がることがあります。

また、植物の茎や葉などの尖ったもので鼻腔や鼻周辺を傷つけたことが原因で、炎症を起こし、これが副鼻腔にまで広がることもあります。これらは、額の近くにある「前頭洞」と言われる副鼻腔に影響します。

この他、歯周病が原因となることもあります。歯周病の原因は、歯垢や歯石が溜まるとその中の細菌によって引き起こされます。これが、悪化すると上あごの薄い骨まで溶かしてしまうことがあります。そして、犬の場合は、上あごの上部にある「上あご洞」という左右の目の下の副鼻腔に炎症が及んでしまいます。

犬の副鼻腔炎の治療と予防

副鼻腔炎は、ウイルスや細菌、真菌による鼻炎が慢性化して、この炎症が鼻腔に隣接している副鼻腔にまで広がることで生じます。また、鼻周辺や鼻腔内の外傷や、鼻腔内の腫瘍が原因となって起こることもあります。

治療は、まず、エックス線検査などによって原因を特定します。細菌感染であれば抗生剤、真菌感染であれば抗真菌剤を投与するなどの内科的治療をおこないます。鼻腔内に炎症があれば、炎症を抑えるために抗炎症剤を投与します。場合によっては、ネブライザー(吸入器)を使用することもあります。悪化して、副鼻腔に膿が溜まる蓄膿症を発症している場合は、チューブなどを挿入して副鼻腔内を洗浄します。

目の病気や歯周病が原因の場合は、これらの治療を優先します。もし、腫瘍が見つかって、手術が困難な場合には、抗がん剤の投与や放射線治療をおこないます。

予防法は、副鼻腔炎は鼻炎から発症することが多いので、鼻炎の症状が見られたら早めに治療を受けることです。

まとめ

副鼻腔炎は、鼻炎から発症することが多いので、鼻水が出たり、くしゃみが出たりした場合などには、そのまま放置せず、早めにクリニックを受診しましょう。

無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - 呼吸器・アレルギー性の病気