犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

犬の横隔膜ヘルニア - 症状・原因・治療・予防

   

pexels-photo (33)
横隔膜ヘルニアは、胸部と腹部を隔てている横隔膜が破れて腹部にある臓器が胸部に入り込む状態を言います。外傷性のものと先天性のものがありますが、外傷性のものは主に、交通事故や高いところからの転落などが原因で起こります。

横隔膜ヘルニアが確認されて嘔吐や呼吸困難があれば手術をしますが、軽度の場合は経過観察をします。先天性のものは、経過観察をして成長する場合もありますが、寿命が短くなってしまうことがあります。

犬の横隔膜ヘルニアの症状

横隔膜ヘルニアは、横隔膜が損傷している状態です。横隔膜が傷つくと、腹部にある臓器によって胸腔内の臓器が圧迫されることになります。ですから、呼吸困難が起こります。

横隔膜ヘルニアになった犬ですが、主な症状としては、明らかに元気がないように見えることです。ぐったりしていたり、食餌をあげても食べる気配を見せない(食欲不振)のも特徴の1つです。他には、嘔吐をすることもあります。お腹を触ろうとすると嫌がる仕草をするなど、腹痛を起こしている可能性もあります。

ただ、はっきりとした症状が無いケースもあります。これは、臓器の状態によって大きく大きく変わります。

呼吸困難に関して言うと、例えば、前足を思い切り突っ張って喘ぐという症状もあります。浅くて荒い呼吸を続けてから、立つのも不可能という状態になると、横隔膜ヘルニアを疑った方が良いかもしれません。

犬の横隔膜ヘルニアの原因

横隔膜ヘルニアの原因はいくつかあります。

先天的な遺伝子の異常が横隔膜にあることで、ヘルニアになる場合が存在します。これは、小さい頃から生じます。遺伝子の問題で、心臓を包んでいる膜と横隔膜が不完全な形で形成されてしまうことが原因と考えられています。また、横隔膜が肋骨につきにくい体質の場合も発症することがあります。生まれたときには症状が出ていない場合でも、胸の辺りに衝撃を受けたことによって起こる場合もあります。

成犬の場合は、外傷が原因となることが多いです。高いところからの落下や衝突、交通事故などによって、大きな衝撃が胸部に加わることで出来ますから、あらゆる外傷が原因となります。腹部と胸部を隔てる横隔膜が裂けたり破れたりすることで、胸の中に腹部の臓器が入り込んでしまいます。こうなると、腹部の臓器が心臓や肺を圧迫することで、症状が出ます。年齢は問いませんが、活動性が高く、まだ危機意識が低い頃には注意が必要です。

犬の横隔膜ヘルニアの治療と予防

治療としては、軽度の場合は、経過観察で様子を見ます。しかし、呼吸困難などが現れ症状が重い場合は、外科手術で横隔膜を修復します。ただし、外傷からの横隔膜ヘルニアは早く手術することで逆に死亡率を高めることから、状態が安定してから手術をおこないます。
先天性の場合は、出来るだけ早く手術をすると良いと言われています。

先天性の場合は、予防は出来ません。ただし、外傷の場合は、ある程度予防が出来ます。危険な場所に連れて行かないことなどです。

まとめ

横隔膜ヘルニアは、先天性のものと外傷性のものがあります。先天的なものは、定期的な健康診断で分かります。ただ、外傷性のものにかんしては、飼い主が見ていないところで強い衝撃を受けることがありますので、症状が現れたら、早めにクリニックを受診することをおすすめします。

無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - 呼吸器・アレルギー性の病気