犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

犬の肺水腫 - 症状・原因・治療・予防

   

pexels-photo-106924
肺水腫は、肺に水が溜まった状態のことを言います。肺水腫になると、肺の内部でおこなっている酸素と二酸化炭素のガス交換がうまく機能しなくなります。肺水腫は、心臓病や肺炎など、他の病気が原因となって発症します。肺水腫になると咳をする、呼吸困難(呼吸が浅くなる)などの呼吸器系の症状が現れます。

犬の肺水腫の症状

肺水腫になると咳が出る、咳とともにゼーゼーと息が荒くなるなどの呼吸器系の症状が現れます。このため、呼吸が少しでも楽になるように、がに股のように前足を突っ張った状態で座ったままになることが多くなります。

姿勢を横にするようにはなりません。重症化すると、泡状の鼻水が出る、チアノーゼ(舌が紫色になる)といった症状も見られます。また、吐き気やよだれを垂らすなどの症状も見られます。

犬の肺水腫の原因

肺水腫は、僧帽弁閉鎖不全症などの心臓病が原因で起こる心臓性肺水腫と、それ以外の原因で起こる非心臓性肺水腫に分けられます。ただ、犬の場合は、心臓性肺水腫がほとんどです。

心臓性肺水腫の場合、心臓の働きが悪くなることで、血液の流れがスムーズでなくなります。結果、肺胞内の毛細血管の内圧が上昇して、水分が外に押し出される形となり、肺の中に血液成分が漏れ出して肺水腫が起こります。

非心臓性肺水腫は、心臓以外の病気が原因で起こります。例えば、肺炎、熱中症、低タンパク血症、有毒ガスの吸入です。低タンパク血症は、肝硬変やネフローゼ症候群などにより、血液中のタンパク質が減少して血管内に水分をためておくことが出来なくなります。結果、血管外に水分を排出して肺水腫を引き起こすことがあるのです。

また、過剰な静脈内点滴によっても肺水腫が起こる場合もあります。

犬の肺水腫の治療と予防

肺水腫は、心臓病や肺炎など、他の病気が原因となって発症します。ですから、治療としては、まず、これらの病気(基礎疾患)の治療をおこないます。また、対症療法としては、利尿剤や血管拡張剤を投与して、肺に溜まった水を血管内に戻すとともに、尿として排出させます。酸欠になっている場合もあることから、肺に酸素を取り込みやすくするために気管支拡張剤を投与することもあります。さらに、酸素吸入などがおこなわれます。

肺水腫は心臓病や肺炎、など、他の病気が原因となって起こります。ですから、肺水腫だけを直接予防する方法はありません。このため、原因となる病気の早期発見・早期治療が何よりも重要になります。また、有毒ガスの吸入によっても肺水腫が起こることがありますので、飼育環境への配慮は予防策として有効です。

まとめ

肺水腫は、心臓疾患や肺炎など他の病気が原因となって起こります。このため、日頃から、健康診断を受けるなどして他の病気の早期発見・早期治療が何よりも重要になります。また、有毒ガスの吸引も肺水腫の原因となります。ですから、飼育環境への気配りも大切になります。定期的な健康診断を受けるとともに、上記のような症状が出た場合は、早めにクリニックを受診しましょう。

無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - 呼吸器・アレルギー性の病気