犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

犬の鼻血 - 症状・原因・治療・予防

   

pexels-photo-38010

犬も人間と同様に鼻血を出すことがあります。腫瘍や血液などの病気によって出血する場合と、主に頭や顔を物などにぶつけて出来たけがによって出血する場合があります。何らかの病気の場合には、犬の呼吸がゼーゼーと荒くなり、呼吸困難なっていたり、頻繁にくしゃみをするなどの症状が出ます。

犬の鼻血の症状

鼻血は、原因となる病気によって、その量や期間に違いが見られます。また、痛みや不快感などを示す場合もあります。頭や顔を物などにぶつけて出来たけがなどにより血管が直接傷ついた場合は、急激に大量に出血する傾向があります。また、腫瘍などの病気が原因の場合は、タラタラと少量ずつ長期間出血する傾向にあります。

症状が軽ければ、安静にしているだけで大丈夫です。しかし、人間のように詰め物をしてはいけません。出血が大量であったり、出たり、止まったりを何度も繰り返しているようであればクリニックを受診してください。

犬の鼻血の原因

鼻血の原因は様々あります。どれくらい出血しているのか、また、痛みを伴う場合もありますので、しっかりと観察することが必要となります。具体的な原因の1つとして、打撲があります。極めてシンプルな理由ですが、頭や顔を物などにぶつけることによって出血することは珍しくありません。

その他には、鼻に腫瘍などのできものが出来て、それが原因で出血することもあります。この場合、外傷は確認できませんが、線維肉腫や悪性リンパ腫が原因となっていることもあります。この場合、少量の出血が長期間にわたります。

まや、感染症も原因の1つと言われています。鼻血に膿が混ざっていることが多く、アスペルギリスやリノスポリジウムなどが原因と言われています。直接的な関係はなくても、何らかの病気を患っている場合に、それが原因で出血することも考えられます。影響力の高い症状はクッシング症候群や多血症、多発性骨髄腫などが挙げられます。原因が全く分からない症状ではありませんが、複数あるため的確な診断をすることが求められます。

犬の鼻血の治療と予防

物などに顔をぶつけた場合に鼻血が出ることがあります。これは、打撲系が原因で一時的に大量に血が出ているだけで、身体が健康であれば傷薬を塗って経過観察をするだけで治ります。ただし、歯槽膿漏が鼻にまで影響して鼻血が出ているなど、病気が原因の場合、出血する量は少ないのですが、毎日出るので注意が必要です。

病気で鼻血が出ていることが確認できたら、まずはいつから出ているのかをしっかりと確認した上でクリニックを受診してください。打撲系の鼻血でも、病気による鼻血でも、人間のように鼻にティッシュなどを詰めるのは間違いです。なぜなら、犬は自分で体内の異物を取ることが苦手で、呼吸困難になる恐れがあるからです。

打撲などの原因になる物は、飼育環境から排除するのが望ましいでしょう。

まとめ

鼻血を確認したら、まずは、落ち着いて止血するのが大切になります。傷薬を使用する場合は、肌に刺激を与えにくい物を使用してください。また、経過をしっかりと見ておいて、鼻血が止まらなかったりした場合は、打撲ではなく、他の病気が考えられますので、早めにクリニックを受診することをおすすめします。

無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - 呼吸器・アレルギー性の病気