犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

犬の黒色腫(メラノーマ) - 症状・原因・治療・予防

   

dalmatians-dog-animal-head
犬の黒色腫(メラノーマ)は、皮膚組織に出来る病気で、良性と悪性に分けることが出来ます。黒色腫(メラノーマ)が、身体の表面に現れると褐色か黒に近い色に皮膚が変化します。しかし、犬は、体毛に覆われている場所が多いため、早期に発見することは難しいのが現状です。なかには、色が変化しないタイプもありますので、このような意味でも大変見つけにくくなります。

犬の黒色腫(メラノーマ)の症状

黒色腫(メラノーマ)の症状は、皮膚および皮下組織に腫瘍が出来るのが特徴です。

口の中に黒色腫(メラノーマ)が出来ると、痛みのためよだれが多くなり、食欲不振になります。口の片側で食べるようになり口から出血することもあります。口臭が強くなるのも症状の1つです。腫瘍が成長して大きくなり、肺に転移すると咳が出るようになり呼吸困難になります。

病状が進行している場合には、皮膚だけでなく、心臓や肺などの内臓器官にも腫瘍が出来ていることがあります。

犬には良性の黒色腫(メラノーマ)と悪性の黒色腫(メラノーマ)があります。良性の黒色腫(メラノーマ)は体毛が生えている皮膚の部分から腫瘍が発生するのが特徴です。ですから、注意深く観察していれば、症状が出始めた頃から病気に気づくことも化膿と言われています。

悪性の黒色腫(メラノーマ)は唇や瞼などの皮膚粘膜接合部や口腔内、爪下部に腫瘍が出来るのが特徴です。このため、口元や口の中に、水疱や赤く腫れているなどの症状が出始めている時には、黒色腫(メラノーマ)が疑われます。悪性のタイプの特徴としては、症状が出始めてから短期間で、周辺の器官や組織に転移することが挙げられます。

犬の黒色腫(メラノーマ)の原因

黒色腫(メラノーマ)は皮膚組織の腫瘍で、身体の様々なところに出来ます。現時点で原因ははっきりと分かっていません。ただ、平均年齢10歳前後の老犬がかかりやすく、黒い色の犬に多く発症しやすい病気と言われています。ですから、早期発見が難しい病気です。

ただ、特に出来やすい場所は、口、皮膚、足指などで、皮膚に出来る腫瘍は多くが良性です。腫瘍は、色が黒っぽいしこりがあり小さいものです。先にも述べましたが、良性と悪性の2種類がありますが、比較的良性が多いです。

犬の黒色腫(メラノーマ)の治療と予防

他の腫瘍と同じく、外科手術で切除する方法がとられます。もし眼球に出来た場合には、眼球ごと摘出することになります。切除する際は、周辺の皮膚組織まで広範囲に取り除くことになります。

クリニックの治療方針では、術後に患部や周辺の皮膚組織に放射線をあてて治療をおこなうこともあるようです。これ以外に、抗がん剤や免疫療法で、術後の治療をおこなう場合もあります。

予防法としては、確実な方法はありません。しかし、紫外線を避けることや免疫力を高めることによりある程度は、病気になる確率を下げることは出来ます。ですから、普段の食餌や散歩の時間帯に気をつけることが予防法となります。

まとめ

黒色腫(メラノーマ)は発見が難しい病気です。ですから、日頃から、犬の様子をこまめにチェックして、症状が現れたら、早めにクリニックを受診することをおすすめします。

無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - 癌・腫瘍性