犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

犬の間質性腎炎 - 症状・原因・治療・予防

   

pexels-photo (29)
犬の間質性腎炎とは、腎臓の中にある間質という部分に炎症が起きて腎臓の機能が慢性的に低下する病気です。現状では、原因がはっきりと解明されていないため、予防が難しいのが現状です。

犬の間質性腎炎の症状

腎臓の間質は、尿細管から尿の水分などの成分を吸収したり、付け加えたりする部分なので、尿に異常が出ます。間質に炎症が起こると、機能が低下するので水分などの成分を再吸収することが出来なくなり、脱水になります。当初は、頻尿になります。そして、身体の水分が足りなくなると排尿困難になる症状が出ます。

間質性腎炎の前兆は、尿の臭いがきつくなったり、色が濃く見えます。
また、脱水状態になるので、元気がなくなり、食欲不振の症状も見られます。そのため、体重が減少し、また、身体の栄養が十分でなくなり免疫力が低下するので、発熱などの症状も見られるようになります。腎臓に炎症が起こっているため、お腹を触ると痛がり、症状が悪化すると嘔吐することが多くなるのも特徴です。

この病気は、目に見えないため、病状があっても気づきにくく、慢性化することが多いです。

犬の間質性腎炎の原因

現状では、間質性腎炎の原因は解明されていません。ただ、いくつかの説があります。
有力な説の1つとしては、ジステンバー、レプトスピラ、アデノウイルスなどによる感染症が挙げられます。

その他としては、遺伝による説も報告されています。なぜなら、イングリッシュコッカースパニエルやケアーンテリアなどの特定の犬種に、間質性腎炎の症状の報告が多いからです。
さらに、基礎疾患から腎不全が引き起こされるケースも否定できません。水腎症や糖尿病がある犬は、間質性腎炎が引き起こされることがあります。

犬の間質性腎炎の治療と予防

間質性腎炎とは、腎臓が炎症を起こしている状態です。治療法としては、主に、症状に合わせた対症療法が採られます。また、心臓への負担を軽減するために血圧をコントロールする薬の投与や腎臓を生成する成分を補助するためのホルモン剤の投与が挙げられます。また、タンパク質と塩分をコントロールするための食餌療法があります。ただ、食餌療法に関しては、通常のペット食では対処することが難しいです。ですから、クリニックでよく相談するようにしてください。

先に述べたとおり、原因としては、遺伝や糖尿病などの基礎疾患が考えられています。ですから、予防法としては、基礎疾患となっている病気の治療をきちんとおこなうことが大切です。ただ、遺伝的要素も強いため、上記に挙げた犬種などは、定期的に健康診断を受けることが大切でしょう。

まとめ

間質性腎炎は腎臓が炎症を起こしている病気です。水腎症や糖尿病などの基礎疾患がある場合には、きちんとその基礎疾患の治療を受けることが重要になります。ただ、現状では、原因がはっきりと解明されていないことが多いので、定期的な健康診断を受けるようにしましょう。そして、症状が出始めたら、早めにクリニックを受診することをおすすめします。

無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - 腎臓の病気