犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

犬の肛門嚢炎 - 症状・原因・治療・予防

   

garden-dog-pet
肛門嚢炎(こうもんのうえん)とは、肛門の周囲にある穴に、細菌が入り込んだり、また、穴の閉塞などによって、肛門嚢に炎症が起こる病気です。この病気になると、おしりをかゆがって床におしりをこすりつける、おしりを舐めるなどの動作が見られます。放置した場合、肛門嚢が腫れてきて、酷い痛みを伴うことがあります。
肛門嚢炎が発症しやすいのは小型犬で、特に老犬で多く、見られます。

犬の肛門嚢炎の症状

肛門嚢とは、犬が自分の「におい」を便につけて放出し、いわゆる縄張り宣言をするために活用する一対の「におい袋」です。位置的には、肛門の4時と8時の位置にあります。

この肛門嚢に炎症が起きると、おしりをかゆがって床にこすりつける、おしりを舐める、などの動作が見られます。また、自分のしっぽを追うような仕草をすることがあります。

症状が悪化すると、肛門嚢が腫れて痛みが激しくなります。このような状態になると、おしりを触られるのを嫌がり、排便が困難になるといった症状も見られます。

さらに悪化した場合には、肛門嚢が破れて、血や膿が混じった液体が出てきます。

犬の肛門嚢炎の原因

肛門嚢炎とは、肛門嚢といわれる部分の穴が詰まったり、細菌感染を起こしたりすることで、肛門嚢に炎症が起きる病気です。老化などで肛門の括約筋の収縮力が低下してくると、肛門嚢を絞る力が弱まり、肛門嚢内部に分泌物が溜まりやすくなります。そして、分泌物が溜まってくると肛門嚢の開口部が詰まるため肛門嚢炎が起こります。

また、下痢や軟便などで肛門の周りが汚れていると、細菌感染が起こりやすくなります。このため、肛門嚢炎が起きることがあります。

肛門嚢炎を発症するのは、トイプードルやチワワといった小型犬に多く見られます。なぜなら、肛門括約筋の力が弱いため、本来なら、自然に排出される分泌液を自力で押し出すことが出来ないためだと言われています。また、老犬でも同じようなことが言えます。

犬の肛門嚢炎の治療と予防

治療としては、肛門嚢を絞り、分泌物を排出させます。その上で、消毒液を使用したり、抗生剤を投与しつつ、患部を洗浄します。投薬治療で効果が見られない場合は、肛門嚢自体を手術で切除する方法が採られることがあります。

予防法としては、シャンプーなどをする際に肛門嚢を絞ることを習慣づけることです。肛門嚢を絞ることを習慣づけることによって、分泌物を定期的に排出させることができ、有効な予防法と言われています。また、普段から、肛門周辺を観察して正常な状態を把握しておくことが大切となります。なぜなら、正常な状態を把握しておくことで、肛門嚢が腫れたり、肛門周囲の異常に早めに気づくことが出来るからです。

まとめ

肛門嚢炎は、比較的予防がしやすい病気です。また、日頃から肛門の状態を把握しておくことで、肛門が腫れたりした場合には、異常に気づきやすいので、正常な肛門の状態を把握しておくことも大切となります。ですから、肛門嚢炎が疑われた場合には、早めにクリニックを受診することをおすすめします。早期に治療することが大切だからです。

無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - 腎臓の病気