犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

犬の腎不全 - 症状・原因・治療・予防

   

pexels-photo-106916
腎不全とは、何らかの原因で腎臓の機能が障害を受けてしまい、身体の老廃物の排泄などに異常が生じる病気です。ですから、水分や電解質バランスの調節がうまくいかないなどの状態も生まれます。腎不全は、経過によって急性腎不全と慢性腎不全に分けられます。

犬の腎不全の症状

急性腎不全は、数時間から数日のうちに急速に悪化します。おしっこの量が減少、または、全く出なくなったりするとともに、食欲不振、吐き気や嘔吐、元気がなくなるなどの症状が現れます。これらの症状を見過ごすと、高カリウム血症や尿毒症を引き起こし、命を落とす危険性があります。

慢性腎不全は、徐々に進行します。腎臓の4分の3以上の機能が低下した病態のことを言います。初期の症状としては、おしっこの色が薄くなるほかは、ほとんど無症状です。そして、次第に水をたくさん飲むようになりますので、その分、おしっこの量も増えてきます。しかし、その他の症状は目立ってありません。

病状が進むにつれ、嘔吐や食欲不振、体重の減少、貧血などの症状が見られます。そして、最終的には、身体の老廃物や毒素を排出することが出来ず尿毒症になります。加えて、上記の症状が悪化するだけではなく、嘔吐や下痢が頻発したり、痙攣や昏睡などの神経症状も見られるようになります。

犬の腎不全の原因

急性腎不全は、原因となる部位によって3種類に分けることが出来ます。

・腎前性急性腎不全

心臓疾患や脱水などによって、腎臓に流れ込む血液の量が少なくなることで起こります。

・腎性急性腎不全

腎臓そのものに異常が生じることにより、起こります。

・腎後性急性腎不全

尿路が結石や腫瘍などで詰まったり、事故などによって尿路が損傷したりして、おしっこの排泄がうまくいかなくなることで起こります。

慢性腎不全は、糸球体腎炎やアミロイドーシス、腎盂腎炎などの様々な腎臓の病気によって、ネフロンと呼ばれる血液を濾過しておしっこをつくる器官が少しずつ破壊されていくことで起こります。また、急性腎不全から慢性腎不全へと移行することもあります。

犬の腎不全の治療と予防

急性腎不全は、急速に症状が悪化して、命に関わることもあります。ですから、治療は一国も早くおこなう必要があります。腎前性や腎後性では、原因となっている病気の治療も併せて行い、より腎臓が悪化しないようにします。

急性腎不全も同様に、原因となっている病気の治療をおこないます。どの場合でも、点滴や透析などの内科的治療によって、症状の緩和と腎臓の機能回復をはかります。

慢性腎不全は、すでに腎臓の機能の大半が失われているため、回復させることは出来ません。ですから、慢性腎不全の場合は、食餌療法や点滴治療、造血ホルモン剤などを投与する薬物治療により、できるだけ腎臓の機能の低下を抑えて症状の悪化を防ぐことがメインとなります。

予防としては、日頃から、栄養バランスの良い食餌を与えることです。また、おしっこの量や回数を把握する習慣をつけると良いです。

まとめ

日頃からタンパク質や塩分の量が適切な食餌を与えるよう心がけることが大切です。また、早期発見・早期治療が何よりも重要になりますので、定期的な健康診断を受けるようにしましょう。特に、中年齢から高齢犬の定期検査は重要です。

無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - 腎臓の病気