犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

犬の前立腺炎 - 症状・原因・治療・予防

   

pexels-photo (31)
前立腺炎とは、膀胱の下にある前立腺が、細菌などに感染することによって炎症が起きた状態を言います。激しい痛みや発熱、そして、食欲不振などの症状が見られます。前立腺炎には、急性と慢性がありますが、慢性の場合は症状が現れにくいのが特徴です。一般的に老犬が、かかりやすい病気と言われています。

犬の前立腺炎の症状

前立腺炎は、尿道から細菌が入り込み感染することで、炎症を起こしている状態です。

急性の場合は、発熱や嘔吐、食欲不振、おしっこが出にくくなるなどの症状が現れます。また、痛みが強くなってくると、うずくまり動かなくなる場合もあります。さらに、症状が悪化して進行すると、血尿が出ることもあります。ただ、慢性の場合は、急性のような目立った症状が現れないため、見過ごされてしまいがちな病気と言われています。

犬の前立腺炎の原因

前立腺には、いくつかの原因が考えられます。

1つめは、細菌が前立腺の中に入り込んで起こる場合です。この細菌とは、大腸菌やブドウ球菌、パスツレラなどが挙げられます。

2つめは、「医原性」と呼ばれるものです。何かしらの病気の治療をした場合、結果として偶発的に細菌が入り込んでしまうことがあります。例えば、治療の一環で陰嚢に針を突き刺したり、尿道にカテーテルを挿入することによって細菌が入り込んでしまう場合です。

また、前立腺で繁殖した細菌が膀胱へと広がると、膀胱炎になることも少なくありませんので、注意が必要です。一般的には、老犬が、かかりやすい病気と言われています。

犬の前立腺炎の治療と予防

前立腺炎の主な治療法としては、まず、前立腺に感染している病原菌を検査によって特定します。また、エックス線検査で前立腺が肥大しているかどうかを調べます。そして、病原菌を特定した後に、抗生剤や抗菌薬を投与します。

再発を予防するために、去勢手術によって、ホルモンの分泌を抑えます。ホルモンの分泌を抑えることによって、前立腺を退縮させることができ、炎症が起こらないようにするなどの方法があります。去勢手術は、再発予防のために最も効果のある方法と言われています。

また、前立腺に腫瘍が出来てしまっている場合や抗生剤の効果が出にくい場合は、状況に応じて前立腺を手術によって摘出します。

予防法としては、原因が細菌感染のため、生活圏の範囲をできるだけ清潔に保つことが大切です。また、ストレスを減らすなどして、免疫力の低下を予防することも大切です。また、上記でも述べた、去勢手術をして前立腺を退縮させることが予防法としては、有効です。

まとめ

前立腺炎は、何らかの原因で、前立腺に細菌が感染することで発症します。激しい痛みや発熱、食欲不振などの症状が見られます。しかし、慢性の場合は症状が見られにくいのが特徴です。一般的には、老犬がかかりやすい病気と言われていますので、定期的な健康診断を受けることが大切です。もし、症状が現れたなら、早めにクリニックを受診することをおすすめします。

無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - 腎臓の病気