犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

犬の膀胱炎 - 症状・原因・治療・予防

   

pexels-photo-24232

膀胱炎は、細菌感染や寄生虫、真菌の感染や腫瘍などによって膀胱に炎症が起きる病気です。犬の泌尿器系の病気の中で最も多い病気と言われ、オスよりもメスに発症しやすく、頻繁におしっこをする、おしっこが出づらいなどといった症状が現れます。

犬の膀胱炎の症状

膀胱炎になると、おしっこの色が濁る、血尿が出る、頻繁におしっこをするのにおしっこの量が少ない、おしっこが出づらい、食欲不振などの症状が現れます。膀胱炎は、慢性化しやすく、腎盂腎炎や前立腺炎、尿路結石などを引き起こすこともあります。

犬の膀胱炎の原因

膀胱炎は、様々な原因で発症します。犬で最も多いのは、大腸菌やブドウ球菌、プロテウス属といった細菌感染によるものです。その他に、寄生虫や真菌の感染、腫瘍や外傷、ある種の薬剤、尿結石なども原因となることがあります。一般的に尿道が長く細いオスよりも、尿道が太く短いメスに発症しやすい傾向があります。

また、尿道に細菌が付いて膀胱に向かってくることは、健康なときでも少量はいます。しかし、これらの細菌を洗い流す効果がおしっこにはあります。ですから、水を飲む量が減っておしっこが回数や量が減ってしまうと、おしっこが細菌を洗い流すことが出来なくなります。これと関係して、おしっこを我慢すると、おしっこをする間隔が長くなります。結果的に、細菌が入り込むケースがあります。

犬の膀胱炎の治療と予防

膀胱炎の治療としては、投薬治療と基礎疾患の治療があります。

膀胱炎を引き起こしている細菌などを検査で特定して、最も効果がある抗生剤を投与します。感染症を引き起こす細菌としては、大腸菌、ブドウ球菌、プロテウス属が有名です。これらの細菌が半数以上を占めます。その他としては、レンサ球菌、クレブシエラ・ニューモニエ、エンテロバクター属、シュードモナス属、コリネバクテリウム属などです。

投薬治療をおこなって、薬の効果があったかどうかを定期的にチェックしながら、最も効果のある投薬治療を獣医師とともに探っていきます。ただし、膀胱炎が悪化して、腎盂腎炎などを発症した場合は、その症状に合わせた治療法が洗濯されます。

膀胱炎が長期化したり、いったん治ったあとにまた再発するような場合は、炎症を引き起こしている多の病気が考えられます。ですから、結石、腫瘍、先天的異常が無いかどうかを再検査して、その結果に応じた治療をおこないます。

予防法としては、飼育環境を清潔に保つことが大切です。また、おしっこを我慢させない、バランスの取れた食餌をすることによって予防につなげます。

まとめ

膀胱炎は、主に細菌感染によって引き起こされます。ですから、飼育環境を清潔に保つことが大切になります。また、膀胱炎は、おしっこをするときの様子や色、臭いなどに変化が現れるため、日頃から気をつけていれば早期発見が可能です。おしっこの回数などを確認しておくと良いでしょう。また、上記のような症状が出た場合は、早めにクリニックを受診することをおすすめします。

無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - 腎臓の病気