犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

犬の膀胱結石 - 症状・原因・治療・予防

   

pexels-photo (35)

膀胱結石とは、おしっこをためる袋と言われる膀胱に結石が出来た状態を言います。尿道結石とともに尿路結石の中では、一般的に見られるものです。発症すると、排尿困難や血尿などの症状が現れます。

犬の膀胱結石の症状

膀胱結石が出来ると、結石によって膀胱が傷つきピンク色や鮮紅色のおしっこ、あるいは、くすんだ赤色をしたおしっこが出ることがあります。いわゆる血尿が出ます。

また、膀胱炎や結石のためにおしっこが出にくくなり、おしっこをする時の姿勢を頻繁にするなどしますが、1回あたりのおしっこの量が減ります。この他、尿漏れ、おしっこの臭いがきつくなるなどの症状が見られます。また、ぐったりして元気がなくなる、発熱、水をたくさん飲む、おしっこの色が濃い、などの症状が見られることもあります。

犬の膀胱結石の原因

膀胱結石の原因としては、現状では、正確なメカニズムは解明されていません。しかし、以下のような要因が深く関わっていると言われています。

膀胱結石の多くは、尿路結石が出来やすい体質であるところに、様々な要因が加わることで起きます。その要因の1つとして、細菌性膀胱炎が最も一般的と言われています。この他の要因としては、食餌内容や慢性的な水分摂取量の不足、門脈シャントや高カルシウム結晶などを起こす病気があります。

犬の膀胱結石の治療と予防

膀胱結石の治療は、結石の種類や結石の大きさによって異なります。例を挙げると、小さく溶かしやすいと考えられる結石の場合は、処方食などによる内科的治療をおこないます。また、細菌感染を起こしている場合は、抗生剤や抗炎症剤を投与します。ただ、溶けにくい種類の結石であったり、結石が大きい場合は、内科的治療ではなく、外科手術によって摘出します。

予防法としては、細菌性膀胱炎の予防に努めることが、膀胱結石の予防にも繋がります。また、カルシウムを多く含んだ食餌を与えすぎない、などの配慮も大切です。

まとめ

膀胱結石は、主には、細菌性膀胱炎がその1つの要因と言われています。ただ、その他に、例えば、「シュウ酸カルシウム結石」と言われる種類の結石では、遺伝や性別、食餌などが関連して発症します。また、メスに多いことから、性ホルモンに関連しているという見方もあります。また、カルシウムを多く含んだ食餌をたくさん取ることで、高カルシウム血症となり、おしっこのカルシウム濃度が上がることでシュウ酸カルシウム結石をつくる要因となります。

このように、細菌性膀胱炎が1つの要因と言われながらも、遺伝や性別による違い、食餌が関係していることもあり、膀胱結石の要因は、様々です。ただ、膀胱結石が出来た場合の主な症状の1つとして、血尿が出ますから、見た目にもわかりやすいのが特徴です。しかし、血尿が出るのは膀胱結石だけではありません。尿道結石も血尿の原因となります。ですから、症状が現れたら、クリニックを受診して、きちんと検査を受けることが重要です。

無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - 腎臓の病気