犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

犬の血管外膜細胞腫 - 症状・原因・治療・予防

   

IY651BJCG8

血管外膜細胞腫とは、血管の周りで発症し、イボのようなできものができます。まれに、転移する場合がありますので、手術で取り除いたとしても安心することは出来ません。年齢を重ねると多く見られる病気で肘などの関節部、かかとに出来る場合が多いのが特徴です。

犬の血管外膜細胞腫の症状

血管外膜細胞腫は、老犬の四肢の関節、かかとなどに症状が現れることが多い病気です。
軽い症状の場合は、皮膚がわずかに盛り上がっている状態で、他の皮膚病などの症状と区別するのが難しいと言われています。触ってみると、コリコリとしたしこりのような感触があります。症状が進行すると患部の異常はすぐに分かるようになります。

重度の血管外膜細胞腫は、直径1cm異常の隆起が起こり、他の皮膚の部位と比較して硬くなり、見た目でも色が濃いのでわかりやすくなります。また、強いかゆみを伴うために、爪などで患部を掻いたり、こすったりするため赤く腫れるのも特徴です。

結節状になった細胞腫は、皮膚の表面だけでなく、皮膚の下の関節や骨に固着している場合もあります。手術によって切除しても、再発することが多く、再発した腫瘍はさらに症状が悪化している場合が多いです。

犬の血管外膜細胞腫の原因

血管外膜細胞腫は、発症の原因が加齢であること以外には特に判明していません。

血管外膜細胞腫は、老犬の四肢などに症状が多く現れることが多い病気です。特に、肘や膝の周りなどの関節部分に多く症状が現れます。血管外膜細胞腫は、腫瘍の病気であり、悪性や良性といったことははっきりしていません。癌よりは軽い腫瘍と言われていますが、外科的手術は避けられないと言えます。

犬の血管外膜細胞腫の治療と予防

血管外膜細胞腫の治療法としては、基本的には、外科的な手術で腫瘍部分を切除することです。うまく切除することが出来れば、後は、再発がないかどうかを定期的な検査をすることが大切となります。ただ、腫瘍が出来た部位によっては、手術が困難であったり、取り残しがあったりすることもあるので、その点に関しては、注意が必要です。

また、外科的手術をおこなう場合、麻酔を必要とするため、それに耐えられる体力を持っていないと手術は出来ません。腫瘍をそのまま放置すると、最悪の場合、足を切断しなくてはならなくなるので、健康管理には十分な注意が必要です。

予防法としては、現状では、発症の原因が加齢であること以外に判明していませんから、予防すると言うことは非常に難しくなっています。しかし、定期的な検査で早期発見・早期治療することが可能です。ですから、高齢化してきた場合は、必ず健康診断を受けるようにしてください。

まとめ

血管外膜細胞腫は、加齢が原因であるという以外に原因は判明していません。ですから、日頃から、様子を観察しておくことが大切になります。また、定期的な健康診断などで検査をすることが予防法の1つと言えます。ある程度、腫瘍が出来る部位が限られていますから、症状が現れたら、早めにクリニックを受診することをおすすめします。

無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - 癌・腫瘍性