犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

犬の扁平上皮癌 - 症状・原因・治療・予防

   

dog-1194077_1280

扁平上皮癌とは、皮膚の層の中で最上部の部分でる扁平上皮細胞が癌化した状態を言います。ですから、皮膚が存在している場所であればどこにでも発生する可能性があります。ただ、犬の場合には、鼻腔、口腔、肺、爪、股間などに多いと言われています。

犬の扁平上皮癌の症状

扁平上皮癌の症状は、発生した場所によって異なります。口腔に発生した場合、数週間という短期間でただれや潰瘍を引き起こします。また、鼻腔では、鼻血、鼻汁、顔面の変形、鼻呼吸の困難といった症状が出ます。肺に発生した場合、乾いた咳が出たり、呼吸困難、喘鳴、喀血といった症状が出ます。

扁平上皮癌を発症すると、皮膚や口腔内に出来た場合は、カリフラワー状のしこりや赤く硬いしこりが出来る場合が多いと言われています。その他の症状としては、皮膚に出来た場合で言うと、爪の周り、四肢、腹部、陰のうなどの皮膚にただれや脱毛が見られたり、潰瘍が出来る場合があります。また、口腔内などの粘膜に出来た場合は、ただれや潰瘍、患部からの出血が見られる場合があります。

犬の扁平上皮癌の原因

原因は、現状では、明確になっておりません。ただ、色素が薄い白色系に発症しやすいと言うことから、紫外線の影響が1つの要因と考えられています。その他、肺や扁桃に発生する原因として、飼育環境の影響があると言われています。これは、都会で生活する場合に多く発症するとされており、化学薬品やスモッグ、たばこの煙の影響が関与していると考えられています。

ただし、繰り返しになりますが、扁平上皮癌は様々な部位に発症しますが、多くの場合、その原因ははっきりとしていません。

犬の扁平上皮癌の治療と予防

扁平上皮癌の治療法は、大きく言って2つあります。
1つめは、化学療法や薬物療法などの内科的治療です。内科的治療が選択される場合は、癌が進行して、手術によっても取り除けない場合や、犬が手術に耐えられるだけの体力がない場合に選択されます。

2つめは、手術によって切除する外科的治療です。まだ症状があまり進行していない初期の場合には、外科的治療が選択肢に入ってきます。しかし、扁平上皮癌は、その性格から浸潤性が高く、リンパに転移しやすいので、仮に手術で切除したとしても、完治する確率は低いのが現状です。

また、内科的治療と外科的治療を併用する場合もあります。

現状では、原因が明確になっていないので、予防法はありません。ですから、早期発見・早期治療が重要になります。

まとめ

扁平上皮癌は、口腔内や皮膚にただれや潰瘍として現れるので、日頃から、口の中や身体の表面に異常が無いかよく観察することが早期発見に繋がります。予防法は、ありませんが、癌の完治のためには、早期発見・早期治療が最も重要です。

早期に発見することで、外科的手術で癌を切除出来る可能性が高まります。上記に挙げた症状が出始めたり、ただれや潰瘍を見つけたら、早めにクリニックを受診することをおすすめします。

無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - 癌・腫瘍性