犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

犬の可移植性性器肉腫 - 症状・原因・治療・予防

   

a97c4a1614b53d6f55ae2464b06ba6aa

可移植性性器肉腫とは、イヌ科で発生する腫瘍で、発症例は、亜熱帯地方で多く見られます。可移植性性器肉腫はがん細胞が増殖するのではなく、接触により伝播するという特徴があります。交尾によって接触した場合が主な原因ですが、オスが他の肛門の臭いを嗅ぐことで発症することもあります。また、生殖器付近を舐めることで、口や鼻に伝染することもあります。

犬の可移植性性器肉腫の症状

可移植性性器肉腫の症状は、3段階(初期、安定期、退縮期)に分かれます。
初期は、身体の中にがん細胞が入り込み、急激に増殖を繰り返します。この期間は、数週間です。感染から15〜20日前後で、比較的小さいものが性器外部に確認できるようになります。これが、時間が経過すると大きくなり性器表面に腫瘍が出来ます。

安定期に入ると、腫瘍細胞が20日間隔で増殖します。場合によっては、肥大化した腫瘍を舐めてしまうことによって、口腔内や鼻腔内にも転移することがあります。

退縮期に入ると、自己免疫によって腫瘍細胞は徐々に減少していきます。ただし、症状は2〜12週間ほど続きます。感染した場合の約80%は自然退縮して、最終的には自然治癒します。しかし、免疫力が低下していたり、老犬の場合は、悪性化することもあります。身体の他の臓器への転移が認められることもり、その場合は、命に関わることもあります。

犬の可移植性性器肉腫の原因

可移植性性器肉腫は、人間で例えると性病の一種で、交尾することで伝染する肉腫です。種類は様々ですが、がん細胞が伝染してしまうことによって発症するものを可移植性性器肉腫と言います。ただ、この病気はオオカミに多い病気です。日本では、まず発症しないような病気なので、特別に心配する必要はありません。しかし、現在では、オオカミと交配をする犬も存在するために、完全に発症しないというわけではありません。

犬の可移植性性器肉腫の治療と予防

可移植性性器肉腫の治療法としては、一般的には、外科的手術による腫瘍の摘出が多いです。外科的手術以外には、抗がん剤の投与(化学療法)や放射線療法などがおこなわれます。日本の場合は、外科的手術による治療が一般的になっています。ですから、逆に放射線療法を実施しているクリニックは少ないと言われています。

可移植性性器肉腫は原因がはっきりとしています。それは、ペット同士の交尾などの性行為によるものです。ですから、予防法としては、性行為をさせないようにすると言うことになります。特に野良犬が多い地域では、注意が必要です。犬の種類によっては、室内で飼育したり、野良犬が近寄れない飼育環境を維持することが大切となります。

まとめ

可移植性性器肉腫は、交尾によって伝染する肉腫です。ただ、日本では、まず、発症しないと思っても良いでしょう。また、例え発症しても、そのほとんどが、自然治癒します。ただし、見た目には腫瘍ですから、他の腫瘍と区別がつきにくいものです。症状が現れたら、早めにクリニックを受診することをおすすめします。

無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - 癌・腫瘍性