犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

犬の基底細胞腫 - 症状・原因・治療・予防

   

animal-dog-pet-bulldog
基底細胞腫とは、皮膚の下層にある基底部と呼ばれる部分に腫瘍が出来る症状です。様々な箇所に発症する可能性がありますので、注意が必要です。外見からは、固いしこりのようなものや、柔らかい嚢胞状のものが確認できます。

悪性の確率は低いと言われ、良性の場合には転移がほとんどありません。しかし、万が一、悪性だった場合には、基底細胞癌へ移行することもあります。このメカニズムは解明されていませんが、放置すると浸潤するため、早めの切除が望ましいでしょう。

犬の基底細胞腫の症状

皮膚の基底部と呼ばれる部分に凝り固まった腫瘍が出来ることを基底細胞腫と言います。原因は、遺伝子の変異と言われていますが、はっきりとしたメカニズムは未だ、解明されていません。

基底細胞腫のほとんどが良性の腫瘍ですが、患部がドーム状に腫れてくるものは悪性の確率が高いと言われています。そのまま放置すると、患部の下に浸透して深く広がって行きます。基底細胞腫が出来る部位は、主に、頭部、首、肩に発症して、皮膚に固着して脱毛します。身体の表面に発症するものなので、良性か悪性かは、明確に違いが分かります。

犬の基底細胞腫の原因

基底部(表皮の下部)と呼ばれる部位に出来る腫瘍で、悪性の確率が非常に低いと言われています。ただし、悪性の基底細胞癌に移行するケースもあります。腫瘍の出来た部位の体毛が抜ける場合が多く、腫瘍が出来る以外に目立った自覚症状はありません。

現状では、原因が解明されておりません。ただ、犬の場合は、頭部、首、肩などに多い傾向があります。罹患しやすい犬種は特にありませんが、中高齢に多いです。

悪性の場合はドーム状に腫れる場合が多く、この点は、素人でも見分けることが可能と言われています。

犬の基底細胞腫の治療と予防

基底細胞腫の治療としては、一般的に外科的手術による腫瘍の摘出です。表皮の下部にある細胞に出来る腫瘍で、悪性のケースはほとんどありません。ですから、疑わしい症状を見つけても、慌てる必要はありません。ただ、皮脂腺腫や皮脂血管腫などとの区別が必要ですから、早めにクリニックを受診した方が無難と言えるでしょう。

基底細胞腫は、はっきりとした原因が特定されていないため、予防法が確立されていません。比較的高齢の犬に多いと言われていますが、日頃から、犬の様子をこまめに観察する以外にありません。外見上は皮膚に固いしこりのようなものが出来るので、皮膚の表面を定期的に確認しておくことが一番の予防法と言われています。

まとめ

基底細胞腫は、そのほとんどが良性です。ただし、放置すると悪性化する場合もありますので、注意が必要です。また、悪性の場合は、患部がドーム状に腫れるので、見た目にもわかりやすいです。ただ、良性の場合も、他の腫瘍との区別が必要となります。特に中高齢の犬の発症が多いので、日頃から身体の表面を観察しておくと良いでしょう。症状が現れたら、早めにクリニックを受診することをおすすめします。

無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - 癌・腫瘍性