犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

犬の皮膚乳頭腫 - 症状・原因・治療・予防

   

animal-dog-outside-pet (1)

皮膚乳頭腫とは、皮膚の上に出来る乳頭のような形のイボのことを言います。カリフラワーのような形をしていて、退縮時には、悪臭がする場合があります。

頭や手足、胸、腹、背中などにドーム型ではっきりと境界が分かる黒色の結節が出来るものの多くは、良性の黒色腫になっていきます。このほとんどは、切除することで治癒します。また、ウイルスが原因で起こる皮膚乳頭腫のほとんどは、3カ月ほどで消滅します。その後は、免疫が出来、自然治癒するので特別な処置は必要としない場合が多いと言われています。ただ、出血を伴う場合は、切除手術を行います。

犬の皮膚乳頭腫の症状

皮膚乳頭腫とは、皮膚に出来るイボのことです。よく出来る場所は、口の中や唇、瞼や指と指との間です。

イボは当初は、それほど大きいものではなく、色も淡いピンク色なので、あまり目立ちません。しかし、時間の経過とともに大きくなり、色も白色に変色するため、目で確認できるようになります。また、イボ自体も固めになってくるため、その色合いや手触りからカリフラワーのような形と例えられることが多いです。

イボは、一度にたくさん出来ることが多く、100個ほど出来ることも珍しくありません。イボが口の中に出来ると、よだれが多くなり、食欲がなくなるといった症状も現れます。

犬の皮膚乳頭腫の原因

皮膚乳頭腫は皮膚に出来たイボです。この状態は、皮膚の扁平上皮細胞が増殖することが原因で起こります。

皮膚乳頭腫には、非ウイルス性(単発型)のものとウイルス性(多発型)のものがあります。

非ウイルス性のものは老犬に多く、ウイルス性のものは幼い犬に多いと言われています。ウイルス性の場合は、パピローマウイルスが原因と言われ、ウイルスに感染することで引き起こされます。ですから、免疫力の弱い幼い犬や老犬、また、他の病気に罹患している犬などが比較的かかりやすいのです。感染した犬と直接接触すると感染します。また、不衛生な飼育環境にいることで間接的に感染することもあります。

ほとんどが良性のイボですが、感染した場合には、他の犬への感染を防ぐためにも隔離することもあります。

犬の皮膚乳頭腫の治療と予防

治療については、特別な治療は必要ありません。なぜなら、6週間〜12週間ほどで消えていくからです。ただ、口の中にイボが出来ると、食餌をするのが困難になりますので、この場合は、外科的手術によって切除する場合もあります。この他、凍結手術よって取り除く方法もあります。

予防法については、明確な予防法がありません。そのため、日頃から犬の状態をよく観察することが大切になります。その他には、皮膚乳頭腫を持っている犬から離すことです。

まとめ

皮膚乳頭腫には、明確な予防法がありません。ただ、イボが出来たとしても自然に消えてなくなる場合が多いのですが、希に悪性の場合があるので注意が必要です。

例えば、急激に大きくなる、色などが変わる場合は、悪性を疑った方が良いと言われています。ですから、症状が出始めたら、自己判断をせずに、早めにクリニックを受診して獣医の診察を受けることをおすすめします。

無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - 癌・腫瘍性