犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

犬の肛門周囲腺腫 - 症状・原因・治療・予防

   

pexels-photo-102508

肛門周囲腺腫とは、主に高齢で去勢をしていないオス犬に発症することが多い、肛門周囲腺の良性腫瘍のことを言います。

肛門周囲腺腫が出来ると、肛門の周りの腺組織に固いしこりが出来ます。このしこりを気にして、おしりを舐めたり、掻いたりするようになります。そうすると、肥大化した腫瘍の表面が破れて出血や化膿を起こしやすくなり、また、潰瘍や細菌感染を引き起こすこともあります。さらに悪化すると、排便が困難になることもあります。

命に関わる可能性は低いとされている病気と言われていますが、放置すると腫瘍の転移や排便困難により、他の病気を併発させる可能性もあります。

犬の肛門周囲腺腫の症状

肛門周囲腺腫は、去勢していないオス犬が発症しやすい病気の1つで、良性腫瘍の一種と言われています。男性ホルモンが関係していることもあり、メス犬には、ほとんど発症しません。

主な症状としては、痒みが生じることもあり、床や地面におしりをこすりつける様になります。このため、肛門を汚してしまうことがあるために、注意しなければなりません。他には、おしりの周囲にしこりが出来ることが挙げられます。この、しこりについては、特に問題はありませんが、放置していると肛門が広がりすぎてしまうために、便が出にくくなるといった症状が現れます。

何よりも重い症状としては、便秘が挙げられます。

犬の肛門周囲腺腫の原因

肛門周囲腺腫のはっきりとした原因は、現時点では、特定されていません。

ただ、考えられる原因として有力なのは、遺伝性によるものと言われています。なぜなら、ジャーマンシェパードという犬種で、肛門周囲腺腫の症状が多く報告されているからです。
他には、尻尾の運動不足が挙げられます。尻尾の運動が弱い犬の場合、肛門周辺の血の流れが悪くなったりして炎症を起こしやすくなり、結果、肛門周囲腺腫になりやすいと言われています。

その他にも、ストレスや便秘、肥満や高齢などの複数の要因が重なって肛門周囲腺腫を発症したと言われることもあります。

犬の肛門周囲腺腫の治療と予防

主な治療法としては、腫瘍を切除する外科的治療が行われます。その際、まだ去勢手術が行われていないのであれば、併せて行われることが多いです。しかし、腫瘍を切除しても再発の可能性が高いため、手術後も定期的に検診を受けることが大切です。

予防法としては、肛門周囲腺腫の発症は主に男性ホルモンが関係しており、去勢をしていないオスに発症することが多いので、若いうちに去勢手術を受けることが最も効果的な予防法と言われています。ただ、ごく希にですが、避妊手術を受けたメス犬にも発症した例があるので、確実に予防が出来るとは言い切れません。

犬のまとめ

肛門周囲腺腫は、肛門の周囲に腫瘍が出来るので、おしりのしこりを気にして舐めたり、掻いたりする仕草が目立つようになります。このような症状が現れたら、早めにクリニックを受診して、獣医の診察を受けるようにしてください。早期発見・早期治療が何よりも大切です。

無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - 癌・腫瘍性