犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

犬の皮膚組織球腫 - 症状・原因・治療・予防

   

dog-1264667_1280

皮膚組織球腫は、犬特有の皮膚の腫瘍です。ですから、他の動物には見られません。

1〜2歳頃の比較的若い犬によく見られ、雑種よりも、純血種によく見られることが分かってきております。

腫瘍の大きさは、1〜2cm程度の場合が多いようです。皮膚組織球腫は、首や頭、四肢によく発症します。ただ、良性の腫瘍なので、治る速度も速く、腫瘍に気づかないで自然治癒する場合もよくあります。

皮膚組織球腫の症状

皮膚組織球腫は良性の腫瘍として扱われています。よく発症する場所は、首や頭などの目立ちやすい部位に出来やすいです。

見た目には、腫瘍を発症した部位が赤く変化し始めます。腫瘍が出来ても、犬自身が違和感を覚えることは少なく、良性腫瘍の段階では痛みや痒みなどを感じないのも皮膚組織球腫の特徴です。

腫瘍の成長スピードが速いというのも病気の見分け方の1つで、腫瘍が出来てから数カ月経過しないうちに、腫瘍の大きさが2倍近くになるという症状が出てきます。一方で、腫瘍が大きくなるのと同じくらいのスピードで、腫瘍が治るまでの期間がも短いと言われています。

通常であれば、8〜12週間程度で腫瘍が消えることが多く、それ以上の期間が経過しても腫瘍が残っている場合には、良性ではなく、悪性だと診察されることがあります。

皮膚組織球腫の原因

皮膚組織球腫は、1〜2歳頃の若い犬によく見られる腫瘍のことです。原因は、未だに分かっていません。他の腫瘍が老犬に見られるのと比較すると珍しい病気とも言えます。

腫瘍ができはじめた頃は、薄いピンク色で半球型のしこりのように見え、それは、まるで虫刺されの後のように見えます。やがて、濃いピンク色に変色することがあります。

しこりの成長が非常に早く、1cm程度のものから8cm程度のものまで、あっという間に大きくなります。ただ、良性の腫瘍であり、約8週間ほどすると徐々にしこりが小さくなり、自然消滅します。

ただ、他の悪性腫瘍との判別が困難であるため、自己判断をせず、1度細胞検査を行い、調べてもらう必要があります。

皮膚組織球腫の治療と予防

皮膚組織球腫は1〜2歳頃の若い犬によく見られる病気で、高齢の犬には少ないという特徴を持っています。

治療法としては、外科的手術で切除するのが一般的です。また、コルチコステロイド剤の投与によって縮小、消滅するケースも確認されています。

しかし、他の腫瘍(肥満細胞腫)との区別がつきにくいので、外科的切除が行われる要因の1つになっています。

予防法としては、原因が分かっていないため、はっきりとした予防法はありません。ですから、日頃から、定期的に皮膚の状態を確認することが大切になります。

まとめ

皮膚組織球腫は、1〜2歳頃の若い犬に発症するという特徴を持っています。腫瘍自体は、良性ですが、他の腫瘍(肥満細胞腫)との区別がつきにくいため自己判断はせず、早めにクリニックで検査を受けることが重要です。

無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - 癌・腫瘍性