犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

犬の肥満細胞腫 - 症状・原因・治療・予防

   

pexels-photo-93825 (1)

肥満細胞腫は、肥満細胞と呼ばれる細胞が腫瘍化する病気です。肥満細胞とは、体内に異物が入り込んだ時に、ヒスタミンやヘパリンなどの物質を放出して、アレルギー反応と炎症反応を引き起こすきっかけを作る細胞のことを指します。

肥満細胞腫は、犬の場合、皮膚に多く発症します。腫瘍は良性から悪性まで様々ですが、悪性度が高い場合は、リンパ節や肝臓、脾臓などへ転移しやすく、予後はあまりよくありません。

肥満細胞腫の症状

肥満細胞腫は、犬では主に皮膚に見られ比較的悪性度が低い癌の場合は、1〜4cmの弾力のある腫瘍ができ、多くは表面に毛がありません(高分化)。

一方、悪性度が高く、進行が早い癌の場合は、大きめで表面に潰瘍が出来ていたり、自分で腫瘍を掻いたりして、出血が見られることがあります(未分化)。また、腫瘍の周囲が赤く腫れて、ぶよぶよしていたり、皮膚炎を起こしているように見えることもあります。

また、皮膚の下にできた肥満細胞腫は、脂肪腫などと間違われることもあります。これらの症状から言えることは、肥満細胞腫は様々な外見を持つため、見た目からは腫瘍の種類や悪性度を判断することは困難です。

また、癌が転移したり、全身に広がったりすると、消化管での炎症や出血が起こり、血の混じった嘔吐(吐血)や下痢(血便)が見られることもあります。そして、食欲不振を生じることもあります。時には、全身性のショック症状を引き起こし、死に至る場合もあります。

肥満細胞腫の原因

肥満細胞腫の原因は、はっきりと分かっていません。ただ、平均の発症年齢は9歳と言われています。

しかし、若い犬でも発症することから、犬種による要因も考えられています。ボクサー、ボストンテリア、ブルドッグ、バセットハウンド、ワイマラナー、ゴールデンレトリバー、ラブラドールレトリバー、ビーグル、ポインター、スコティッシュテリア、ジャーマンショートヘアードポインターなどです。

また、発症の要因としては、慢性的な炎症の関与もあると言われています。

肥満細胞腫の治療と予防

肥満細胞腫の治療は、腫瘍のタイプによって違ってきます。

「高分化型」という腫瘍細胞の形態や機能が比較的正常な細胞に近い腫瘍では、腫瘍の境界がはっきりとしているため、外科的手術で腫瘍を切除する方法が採られます。

「未分化型」の腫瘍や肥満細胞が転移したものや外科的切除や放射線治療などが不可能の場合は、抗がん剤の投与など化学療法が採られる場合があります。

予防法としては、原因がはっきりと分かっていないため困難です。ですから、腫瘍がまだ小さく転移していない段階で早期に発見し、早期治療に努めることが大切になります。

まとめ

肥満細胞腫は、犬の場合は、皮膚に多く発症します。ですから、日頃から、皮膚の様子を観察することが大切です。

なお、希に体内に肥満細胞腫ができることがあり、その場合は発見が大変困難です。食欲低下や嘔吐、下痢など体調の異常が続く場合は、早めにクリニックを受診して獣医の診察を受けるようにしましょう。

無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - 癌・腫瘍性