犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

犬の悪性リンパ腫 - 症状・原因・治療・予防

   

pexels-photo-106916

悪性リンパ腫は、身体の免疫をになうリンパ球が癌化する病気です。悪性リンパ腫は、解剖学的な見地からすると「多中心型」「縦隔型」「消化器型」「皮膚型」などに区分されますが、犬の場合は、「多中心型リンパ腫」が大半です。年齢層は、中高齢犬に多く見られますが、若齢でも発症します。

悪性リンパ腫の症状

悪性リンパ腫は、身体のどこのリンパが癌化するかによって症状が異なります。

「多中心型リンパ腫」は、下あごや腋の下、股の内側、膝の裏など、体表のリンパ節が何カ所も腫れます。

そして、元気が少しなくなる、食欲が少し低下するといった症状が見られます、症状が進むにつれて、運動をしたがらない、食欲不振、嘔吐や下痢などが見られるようになります。末期では、痩せてきて、免疫力も低下し、肺炎や膀胱炎などの様々な感染症にかかりやすくなります。

「消化器型リンパ腫」は、消化管のリンパ節やリンパ組織が腫れます。これに伴い、下痢や嘔吐、食欲不振などの消化器症状が見られます。

「皮膚型リンパ腫」は、皮膚に腫瘍として現れるもので、様々な大きさのできものや紅斑、脱毛など、様々な皮膚病変が見られます。さらに、皮膚型では、皮膚に腫瘍ができる脂肪腫や肥満細胞腫など、多の腫瘍や皮膚病と見分けがつかないことがあります。

「縦隔型リンパ腫」は、胸腔内にあるリンパ組織が腫れるもので、これに伴って呼吸の回数が増加する、咳やチアノーゼなどの呼吸器症状が見られます。

悪性リンパ腫の原因

悪性リンパ腫が発症する原因は、未だ、解明されていません。犬に最も多いのが、「多中心型リンパ腫」で、リンパ腫の大半を占めています。犬種では、ゴールデンレトリバー、ラブラドールレトリバー、ボクサー、バセットハウンド、セントバーナードなどが悪性リンパ腫になりやすい傾向にあります。

悪性リンパ腫の治療と予防

悪性リンパ腫の治療は、悪性リンパ腫と確定診断された後、主に抗がん剤の投与などの化学療法を行います。しかし、悪性リンパ腫のタイプによっては、外科的な処置が必要となります。悪性リンパ腫のタイプや進行程度、抗がん剤などの化学療法への反応などによって、予後は様々です。

悪性リンパ腫は、原因がはっきりとしないため予防は困難です。ですから、早期発見・早期治療が何よりも大切になります。発症しやすい犬種を飼っている場合は、日頃から顎や腋の下、足の付け根などのリンパ節を含め、全身の皮膚にしこりがないか、ボディチェックを行いましょう。

まとめ

悪性リンパ腫は、主に4つのタイプに分けることができます。その中でも、犬に多いのは「多中心型リンパ腫」です。ですから、日頃から下あごや腋の下、股の内側、膝の裏など、体表のリンパ節にしこりや腫れがないかチェックをしましょう。

そして、何よりも早期発見・早期治療が大切になります。少しでも、異常を感じたら、クリニックを受診して獣医の診察を受けることをおすすめします。

無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - 癌・腫瘍性