犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

犬のトキソプラズマ症 - 症状・原因・治療・予防

   

pexels-photo-68798

トキソプラズマ症は、トキソプラズマという寄生虫に感染することによって生じる病気です。基本的には、無症状です。

しかし、免疫力の低下している場合は、肺炎や肝炎、脳炎などを引き起こすこともあります。希に、人間にも感染して、流産や死産の原因となることもあるので注意が必要です。

トキソプラズマ症の症状

トキソプラズマ症は、感染しても特徴的な症状は現れない病気です。ほとんどの動物に感染するのですが、猫であれ、犬であれ、健康であれば特に症状は出ることなく、気づいたとしても問題がないことが多いです。

しかし、幼い子犬や免疫力が低下している場合などには、いくつかの症状が現れることがあります。

急性トキソプラズマ症は、「子猫」に現れるもので、重症の場合は死亡することがあります。ただ、これは、希なケースです。

慢性の場合は、成犬でも免疫機能が低下している時に症状が現れることがあります。特徴的な症状としては、下痢などの消化器系の症状や呼吸困難などの呼吸器系の症状、筋肉の衰えなどが見られます。また、肺炎や肝炎、脳炎などの症状が出ることもあります。

トキソプラズマ症の原因

トキソプラズマ症は、トキソプラズマという寄生性の原虫を口から身体の中に取り込むことが感染の原因となります。

口に入るルートとしては、猫の糞便が原因の場合や動物の肉が原因となる場合、胎盤や母乳を介する場合が主に考えられます。感染している猫の糞便から感染することは、例えば、犬が糞便に鼻を近づけて舐めたり、便に触れた足を舐めたりすることで起こります。また、感染した猫の糞便に水や畑の土が侵されていると、その水や野菜などを口にしたことで感染したりすることもあります。

トキソプラズマに感染した動物の肉を食べることでも感染します。例えば、感染している鶏やネズミなどを捕食したり、豚肉などを生で食べたりすることです。

そして、すでに感染しているメスが妊娠した場合、胎盤を通してお腹の中の子に感染することもあります。さらに、母乳を与えることによって、子へと感染することもあります。

また、トキソプラズマは肉眼では見えない寄生虫ですから、グルーミングの時でも、何らかの拍子に摂取してしまう可能性は否定できません。

トキソプラズマ症の治療と予防

トキソプラズマ症は症状からは診断することが難しいため、採血して確認します。そして、検査の結果、感染が判明した場合には、抗生剤を投与します。

トキソプラズマ症の感染を防ぐためには、トキソプラズマという寄生虫を経口摂取しないように注意することです。散歩の時などに拾い食いをさせないこと、生肉を与えないことを徹底して、衛生的な環境を保つようにすることが大切です。

まとめ

トキソプラズマ症は、その症状からは診断が難しいため、クリニックで検査をすることが必要となります。

また、トキソプラズマの寄生虫を摂取しないように、日頃から気をつけることも大切です。トキソプラズマ症が疑われた場合には、早めにクリニックを受診することをおすすめします。

無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - 寄生虫の病気