犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

犬の乾性角膜炎 - 症状・原因・治療・予防

   

pexels-photo-14644 (1)
乾性角膜炎とは、十分な涙液が作られないためにドライアイとなり、目やにが多くなったり、角膜が充血する病気です。涙液が十分に作られないことから、細菌を洗い流すことができないため、細菌に感染する可能性もあります。

原因は、先天性、神経性、自己免疫性、涙腺の炎症などがあります。ただ、多くの場合は、突発性とされています。また、目の周りに黄色い目やにが溜まっていたり、目が濁っていたり、眼感染症を繰り返す場合は、細菌の感染が疑われます。

乾性角膜炎の症状

乾性角膜炎は、いわゆるドライアイで、目からの分泌液が増えたり、角膜表面に色素沈着や傷が見られるのが主な症状です。通常、目の表面はいつも涙に覆われているのが正常な状態です。しかし、ドライアイでは、目の表面の涙がなくなることでいろいろな症状が現れます。

涙の量が少なくなると、まず、目やにが多くなって目立つようになります。涙には、角膜の表面に付いた異物などを自然に洗い流す働きがあるので、涙の量が少なくなると異物によって角膜の表面に傷ができやすくなります。また、十分な涙で目が覆われている時には、角膜には光沢があります。しかし、乾燥することで光沢がなくなり充血が見られるようになります。

目の表面が慢性的に乾いていると、充血状態が続くために角膜に新生血管が現れたり、色素が沈着します。この状態からさらに乾性角膜炎が進行すると、場合によっては角膜の表面全体が血管の色素でいっぱいになり、一気に視力の低下が進行したり、失明してしまうケースもあります。

乾性角膜炎の原因

乾性角膜炎は、涙液の分泌が少なくなることによって、目の表面が乾燥し結膜や角膜に炎症が生じてしまいます。

乾性角膜炎が起こる原因としては、先天性のものと後天性のものに分けられます。後天性には、ウイルスなどの感染によるものや、老齢化によって起こるもの、ぶつけたりしたときの損傷や、全身性の病気によって引き起こされることがあります。

アメリカン・コッカースパニエルやブルドッグなどの犬種によく見られ、小型犬のメスがかかりやすいと言われています。放置すると、慢性化することがあります。

乾性角膜炎の治療と予防

治療法としては、対症療法が主で、点眼薬や軟膏が用いられます。また、目の洗うことで治療効果が高まる場合があります。

対症療法で症状が改善しない場合は、外科的手術が行われます。完治には、早期発見がとても重要です。ですから、クリニックで定期的にチェックすることで早期発見に繋がり、また予防としても有効と言われています。

予防法としては、目の乾燥を防ぐための加湿器を使用することや目の衛生を保つことなどです。

まとめ

乾性角膜炎とは、いわゆるドライアイのことです。放っておくと慢性化し、視力の低下や失明する場合もあります。

ですから、定期的にクリニックでチェックし、早期発見・早期治療がとても重要です。治療用の目薬や軟膏は市販でも購入できますが、一度、クリニックで獣医に相談してみてください。

無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - 眼の病気