犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

犬の眼瞼外反症 - 症状・原因・治療・予防

   

dalmatians-dog-animal-head
眼瞼外反症(がんけんがいはんしょう)とは、下瞼に発症し瞼が外側にめくれ上がってしまう病気です。

見た目には、目が「あかんべー」をしたような状態になり、目やにが増え、まつ毛が目に刺激を与え続けます。

また、角膜が露出した状態になり、涙腺や結膜が乾燥しやすくなるため、細菌に対して抵抗力がなくなり、角膜炎や結膜炎を起こしやすくなります。

眼瞼外反症の症状

眼瞼外反症とは、瞼が外側にめくれ上がった状態を言い、ほとんどは下瞼に発症します。

ですから、瞼の内側を壁紙のように覆っている結膜が常に露出した状態にあるため、細菌感染を起こしやすくなります。

また、涙の出口である涙点が眼球から離れるため、涙の排水システムがうまくいかず、常に涙ぐんだ目になります。眼瞼外反症の主な症状としては、角膜炎や結膜炎の症状、涙が増える流涙症、目やにが多くなる、前足で目をこすろうとする、等です。

眼瞼外反症の原因

眼瞼外反症の原因としては、遺伝、体重減少、後天的な顔のたるみ、手術のミスなどが挙げられます。

遺伝

生まれつき顔の皮膚がたるんでおり、しわができやすい犬種では、生後まもなくから眼瞼外反の症状を示すようになります。犬種としては、セントバーナード、ブルドッグ、コッカースパニエル、クランバースパニエル、マスティフ、ブラッドハウンド等です。

体重減少

極端に体重が減り、眼球を入れている眼窩と呼ばれる部分の脂肪が減ると、眼球自体が後ろに下がったような状態になります。その結果として、下瞼の皮膚が余ってしまい、外反を起こしてしまうことがあります。

後天的な顔のたるみ

後天的な理由によって顔のしわが増えると、余った皮膚が眼球周辺で外反を起こすことがあります。たるみを誘発するものとしては、老化に伴う顔面筋肉の弱化、甲状腺機能低下症に伴う悲劇様顔貌、顔の筋肉を司る顔面神経の麻痺などです。

手術のミス

眼瞼内反症に対する手術として皮膚の切除を行った際、誤って皮膚を多く切り取った状態のまま縫合してしまうと、今度は、逆に外反が起こってしまいます。

眼瞼外反症の治療と予防

治療法としては、角膜炎や結膜炎を併発することが多いため、これらの病気の治療が行われます。

また、涙が外に流れ出ることが多いためドライアイになりやすく、点眼薬や目軟膏が必要となることもあります。

外反の度合いがひどくて対症療法が有効でない場合は、瞼の整形手術が行われることもあります。具体的には、外反を起こしている部分の皮膚を切り取って縫い付ける等です。

予防法としては、先天性による疾患がほとんどのために、効果的な予防法がありません。ですから、定期的に目のチェックをすることが予防法と言われています。

まとめ

眼瞼外反症は、瞼が外側にめくれ上がった状態を言います。そのほとんどは、下瞼に発症します。

原因は様々ですが、主には、先天性によるものがほとんどで、効果的な予防法はありません。ですから、定期的に目をチェックして、症状が現れたら、早めにクリニックを受診して獣医の診察を受けることをおすすめします。

無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - 眼の病気