犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

犬の緑内障 - 症状・原因・治療・予防

   

dog-1203351_1280
緑内障は、眼圧が高くなることによって、視覚障害を引き起こす病気です。主に、瞳孔の散大、目の充血、眼球が以前よりも大きい、といった症状が見られます。

この他、目の痛みによって頭を触られることを嫌がったり、目が見えにくい様子を見せたりすることもあり、時には、失明することもあります。

犬の緑内障の症状

緑内障には、急性緑内障と慢性緑内障があります。

急性緑内障は、急激な眼圧の上昇に伴って、目に強い充血が見られ、瞳孔が開いたままの状態になったり、目が浮腫を起こして青灰色に見えたりします。

また、目の強い痛みによって、瞼が痙攣したり、涙を流したり、頭を触られるのを嫌がったり、というような症状が現れます。

また、嘔吐や食欲低下、元気消失などが見られることがあります。このような状態では、早急に治療しなければ視力(視覚)を失う恐れがあります。

眼圧が高い状態のまま慢性末期に経過すると、眼球が以前より大きい状態になったり、角膜に裏からひびが入ったように見えたりすることがあります。このような段階では、視神経や網膜が大きなダメージを受け、すでに視力(視覚)が低下あるいは喪失している状態となります。

犬の緑内障の原因

緑内障は、先天的あるいは後天的な要因から、角膜と水晶体の間を流れる房水の流れが障害されることが原因です。

眼圧の上昇が起こり、その結果、網膜や視神経が圧迫され視覚障害が引き起こされます。なお、緑内障には、ぶどう膜炎といった他の病気など、後天的な要因から起こる続発性緑内障と、他の病気を伴わず、先天的・遺伝的な要因から起こる原発性緑内障があります。

シーズー、マルチーズ、アメリカンコッカースパニエル、ビーグル、柴犬といった犬種に多く見られます。

犬の緑内障の治療と予防

緑内障の治療としては、点眼薬や内服薬などによる内科的治療やレーザー治療などの外科的治療で、眼圧のコントロールを行います。

すでに視力(視覚)が完全に喪失し、目に痛みが伴う場合には、眼球摘出手術が行われる場合があります。

予防法としては、緑内障は具体的な予防法がありません。しかし、早期発見することで病気の進行を抑えられることがあります。

ですから、原発性緑内障を発症しやすい犬種では、定期的な目の検査を受けることをおすすめします。

また、続発性緑内障は、他の目の病気が要因となりますから、目に異変を感じた場合には、早めにクリニックで診察を受けることが大切です。

まとめ

緑内障は、眼圧が高くなることによって、視覚障害を引き起こす病気です。時には、視力(視覚)を失いかねません。

ですから、日頃から、目に異常が無いか観察するとともに定期的な検査を受けることが大切です。このような意味では、早期発見・早期治療が重要となります。

点眼薬や内服薬などで病気の進行を遅らせることができるからです。もし、症状が現れた場合には、できるだけ早く、クリニックを受診して獣医の診察を受けることをおすすめします。

無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - 眼の病気