犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

犬の結膜炎 - 症状・原因・治療・予防

   

pexels-photo-24232

犬の結膜炎は、目の周囲に汚れが溜まったり、涙が過剰に分泌されて視野がぼやけるなどの症状が現れます。

また、目の痒みを併発する場合もあり、掻きむしることで症状が悪化してしまう可能性もあります。

結膜炎は、目にほこりなどの汚れが入り込んだり、細菌に感染して発症することから、結膜炎を防ぐためには、清潔な環境で飼育することが大切です。

結膜炎を発症した場合には、専用の点眼薬を投与して治療しますが、犬種によって効果的な薬剤が異なりますので注意が必要です。

犬の結膜炎の症状

目に痒みや痛みが同時に引き起こされることもある結膜炎を患った犬は、しきりに目を掻こうとしたり頭を頻繁に振るようになります。

結膜炎の症状が悪化すると、目の痒みを取るために、犬が床などに頭をこすりつけるようになったり、飼い主の足で目をこすろうとしてくるのも特徴です。

まだ、症状が軽いうちは、少しだけ目元を気にしている程度で、目が充血しているように見えないことも珍しくありません。

このような段階でも瞼をめくると、結膜の端の部分が充血していることもあったり、部分的に初期症状が現れることもあります。

瞼の内側に雑菌が繁殖してくると、目やにが大量に出てくるようになって、その目やにの影響で瞼が開きにくくなってしまいます。

症状が悪化すると瞼自体が腫れてきているように見えて、目元に触ろうとすると痛そうな声を上げるということもあります。

そこまで症状が悪化してくると、食欲不振、元気消失の症状も出る場合があります。

犬の結膜炎の原因

結膜炎の原因は様々あり、家庭内の埃が原因になることも珍しくありません。

もし、結膜炎を患ったのであれば、部屋の掃除も丁寧にすることが必要です。

また、ノミの死骸などが目に入ることによって、他の目の病気まで患ってしまう可能性があるだけでなく、肺の病気を患うこともあるので、注意が必要です。

散歩のコースに砂場などの砂埃が舞う場所があれば、その場所を避けるようにすることも大切です。

砂埃の中には、様々な病原菌が入っていることもあり、砂埃自体も目にダメージを与えてしまうことがあるからです。

そのダメージが原因となって、結膜炎を患ってしまうこともありますから、目を守ることを意識した散歩コースを考えてみましょう。

犬の結膜炎の治療と予防

治療法としては、エリザベスカラーを装着して物理的な刺激を与えないようにしつつ、点眼薬や軟膏を用いて治療します。

症状が軽い段階では、薬のみの使用となります。

予防法としては、結膜炎は犬がかかる病気として一般的な病気ですので、こまめにチェックすることが重要です。

定期検診を受けることが望ましいのですが、目やにや目の縁に異常が無いか、定期的に確認すると良いでしょう。

まとめ

犬の結膜炎は、目の周囲に汚れが溜まったり、涙が過剰に分泌される等の症状が現れます。

長期間にわたって治療をしないと、他の目の病気を発症したり、最悪の場合、失明する可能性も否定できません。

ですから、症状が現れたら、早めにクリニックで獣医の診察を受けることをおすすめします。

無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - 眼の病気