犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

犬の皮膚糸状菌症(リングワーム) - 症状・原因・治療・予防

   

pexels-photo (33)

皮膚糸状菌症(リングワーム)とは、簡単に言うと、皮膚にカビが生えてしまう病気です。

皮膚糸状菌とは、カビの一種であり、動物の皮膚や毛を栄養源として増えていくと言われています。感染すると、円形脱毛の症状や痒みが出る場合もあり、患部は赤くなります。

犬を介して人間にも感染するという、人獣共通感染症の1つと言われています。

犬の皮膚糸状菌症(リングワーム)の症状

皮膚糸状菌症に感染すると、動物の場合はその部分の毛が円形に抜けてしまいます。

そして、その範囲が徐々に広がっていきます。

患部付近の毛は、つまむと簡単に抜けてしまうと言われており、毛が抜けてしまった部分とそうでない部分の境目ははっきりしています。

耳や顔、四肢の一部にできることが多く、周りにフケやかさぶたが見られるようになってきます。

皮膚糸状菌症は、人獣共通感染症の1つと言われており、感染した犬を抱いたり触ったりすることで感染します。

人間に感染した場合の症状は、その部分に赤みが出てきて、場合によっては、水ぶくれができてしまうこともあります。

犬の皮膚糸状菌症(リングワーム)の原因

主に、犬や猫、ウサギなどがかかると言われています。免疫が弱っていたり、湿気で皮膚が弱ったりしていると感染しやすくなります。

免疫力が正常な場合、皮膚糸状菌症に感染していても自然治癒力で2カ月ほどで治ります。

しかし、何らかの原因で免疫力が低下して皮膚糸状菌が増殖して発症します。このカビ(皮膚糸状菌)に感染するとカサカサしたフケがでたり、顔や目の周り、爪、耳や身体の皮膚が柔らかい場所に円形の脱毛が起こります。

その円形に脱毛した様子が「リングワーム」と言われています。ウサギやモルモットなどは、顔から症状が出ることが多いので、早く発見できますが、お腹や股などの場所から症状が出る場合は、発見が遅れてしまう恐れがあるので、注意が必要です。

皮膚糸状菌症は、湿気が多いと発症してしまうことが多いので、通気性を良くして環境を整えることが大切です。

犬の皮膚糸状菌症(リングワーム)の治療と予防

治療法としては、症状にもよりますが、身体全体に菌が広がっている場合には、局所麻酔を行って治療をしなければなりません。

予防法としては、湿気が多いときには、特にケアを行うことが必要になります。

また、定期的に部屋の換気をするというのも十分な予防法になります。

ストレスも皮膚糸状菌症の原因と言われているために、普段からストレスをかけないようにしてあげることも大切です。

まとめ

皮膚糸状菌症の主な症状としては、皮膚にカビができるという病気です。人間にも感染する恐れがあるために、注意が必要です。

免疫力が低下したり、湿気が多い時期に発症しやすいと言われています。

また、菌が体内に侵入してしまうと、リングワームという脱毛症を発症することがあり、非常に見栄えが悪くなってしまいます。

最悪の場合、最終的には毛がなくなってしまうことがあります。

そうならないために、日頃から身体をチェックし、早期発見・早期治療に努めましょう。

症状が現れた場合には、クリニックで獣医の診察を受けることをおすすめします。

無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - 皮膚病(皮膚症)