犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

犬の食道狭窄 - 症状・原因・治療・予防

   

pexels-photo (38)

食道狭窄は、飲食物を胃に通す食道が細くなってしまう病気です。

発症直後は、自覚症状が無く、生活面でも異常が無いのが特徴です。

ですが、症状が進むと物を飲み込むことが難しくなり、重症化すると液体も飲み込めずに嘔吐してしまうことがあります。

食道狭窄は、喉の腫瘍や消化器官の病気と併発することも多いので、治療を行うときには、原因を特定することが重要になります。

犬が発症すると、食べる餌の量が少なくなって体力が低下し、衰弱してしまう危険があります。

犬の食道狭窄の症状

人間でも同様の疾患がある食道狭窄は、食道内が内外部の影響によって狭くなり、食べ物を通すことが困難になり、嚥下障害を引き起こす症状を言います。

食べ物が飲み込めないので吐き出しますが、軽症であれば固さや形状によって飲み込める場合もあります。

しかし、重症化すると、固形物は受け付けずに液状しか受け付けません。

飲み込むことができないので、体重が減り痩せてヨダレがが止まらない場合もあります。

ですから、場合によっては、食道炎を併発するので吐き気、食欲不振、咳、呼吸困難が引き起こされます。他の病気を併発しやすいので食欲不振、または、食後に頻繁に吐いていないか、液体を吐き出すようであれば、速やかにクリニックを受診してください。

また、食道炎が原因で食道狭窄に移行する場合もあるので注意が必要です。

食道が狭くなるメカニズムとして食道の粘膜が傷つき破壊されると、繊維化し内径がゴワゴワとします。首を触られるのを嫌がる、食べるときに大きな鳴き声をする、食べるのが遅い、食べた直後に吐き出す、ヨダレを垂らすことが特徴的な症状になります。

犬の食道狭窄の原因

犬の食道狭窄の原因は、食道炎となります。

食道は粘膜で覆われていますが、炎症がひどくなると粘膜下組織や筋層まで破壊することがあります。

これらの組織を回復させようと繊維化が起こると食道が狭まるという状態になり、これを食道狭窄と呼んでいます。

食道炎の原因にはいくつかあり、咽頭炎、喉頭炎やピシウム、カンジダなどの感染が食道まで広がった場合があります。

胃酸が上がってきてしまう逆流性食道炎も原因になります。

また、異物や有害物質を誤って飲み込んでしまった場合でも起こります。

特に、ネギやチョコレートなど、人間にとっては何でもない刺激物が犬にとっては、毒物になってしまいます。

異物で多いのは、たばこやクリップといった文房具です。

これらを誤飲することがありますから、注意が必要です。中には、錠剤やカプセルが引っかかってしまい食道を傷つけてしまう場合もあります。

犬の食道狭窄の治療と予防

食欲はあるが、食べた直後に吐いてしまうという症状が慢性的に見られるのであれば、クリニックで内視鏡検査をしてもらい、バルーン拡張治療をしてもらうことになります。

予防法としては、食べ物には十分気をつける必要があります。異物、熱い物、化学物質、胃液の逆流などが原因となるからです。

まとめ

犬が吐いたり、食欲不振になることは、よく見られることです。

しかし、上部消化管と呼ばれる食道、胃、十二指腸などに炎症が起きたり、腫瘍ができたりすると食べ物を飲み込めなくなり、唾液すらも飲み込むことが辛くなります。

ですから、日頃から犬の様子をチェックして、異物などを飲み込んだりしたときは、速やかにクリニックへ連れて行き、獣医の診察と検査を受けることをおすすめします。

無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - 食道の病気