犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

犬の耳疥癬(みみかいせん) - 症状・原因・治療・予防

   

dog-1203351_1280

耳疥癬(みみかいせん)とは、耳の中でダニが繁殖した状態を言います。

別名「耳ダニ症」とも呼ばれます。犬の耳に寄生するのは、主にミミセンダニと呼ばれる体長0.3mm〜0.5mmのダニです。

紛らわしいものとしては、疥癬を引き起こすイヌセンコウヒゼンダニがいます。

しかし、イヌセンコウヒゼンダニは、全身に寄生するのに対してミミヒゼンダニは主に耳の中に寄生するという特徴があります。

ミミヒゼンダニの栄養源は、耳の中の耳垢や傷ついた皮膚のかさぶた、リンパ液、血液等です。

イヌセンコウヒゼンダニは皮膚を食い破って身体の中に侵入しますが、ミミヒゼンダニは、耳垢を分泌する腺組織を刺激するため、耳の中が次第に耳垢とダニの排泄物で埋め尽くされていきます。

痒みを引き起こす原因は、ダニが血を吸うときにつけた小さな傷と、その傷口に集まってきた免疫細胞が放出する各種の化学物質です。

犬の耳疥癬の症状

耳疥癬に罹ると、耳の穴の中に黒いワックス状の耳垢が溜まるほか、耳を激しく痒がり、しきりに耳をかいたり、頭を振ったりします。

このため、耳の周囲に引っ掻き傷ができ、時には耳血腫を引き起こすことがあります。

この寄生虫は、外耳炎の原因の1つにもなりますが、重度感染では、外耳道内だけでなく、耳の周囲や首にまで広がることもあります。

なお、耳やその周辺の痒みに加え、目の周りや肘、かかとなどにも痒みが見られる場合は、耳疥癬とよく似た病気である疥癬の可能性もあります。

犬の耳疥癬の原因

耳疥癬は、ミミヒゼンダニ(耳ダニ)という、体長0.3mm〜0.5mmほどの小さなダニが寄生することで発症します。

耳ダニは、耳の中に寄生して、耳道内の上皮や組織液(体液)、耳垢などを食べて成長します。

耳の中で卵を産み、ふ化した幼ダニが成ダニに成長して繁殖を繰り返し、どんどん増殖していきます。

多くの場合が、すでに耳ダニに感染した犬や猫などと接触することで感染します。

犬の耳疥癬の治療と予防

治療法としては、耳道内を洗浄して耳垢を取り除くとともに、殺ダニ効果のある薬剤を投与します。

殺ダニ効果のある薬剤には、点眼薬や内服薬の他、スポット薬などがあります。

また、細菌などによる二次感染が起きていたり、炎症が激しい場合には、これに対する治療も並行して行います。

多頭飼いの場合は、同居している犬に耳ダニ感染がないかを確認して、感染している場合には、併せて治療を行います。

予防法としては、すでに耳ダニに感染している動物との接触を防ぐことが大切になります。

まとめ

耳疥癬とは、耳の中でダニが繁殖した状態を言います。

別名「耳ダニ症」ともいわれるように、特徴は、犬の耳の中に寄生することです。

このため、全身に寄生するダニとは区別することができます。

もし、症状が、耳だけでなく全身に現れるのであれば、それは「疥癬」です。耳疥癬と疥癬では、治療法が異なってきますので、自己判断をせず、症状が現れたら、クリニックで獣医の診察を受けることをおすすめします。

ノミ・ダニ退治に効果的なおすすめ市販薬

無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - 耳の病気