犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

犬の前庭炎 - 症状・原因・治療・予防

   

pexels-photo-128817

前庭炎は、高齢の犬に多い神経の病気です。

身体の平衡感覚をつかさどる前庭神経に炎症が起きることで、主に平衡感覚を保てなくなります。

前庭神経は、鼓膜の奥の方にあり、三半規管とともに平衡感覚を保つ役割をしています。

症状としては、意味もなく頭をかしげたりするようになるのですが、症状が重くなると、くるくると回るような動作をしたり、まっすぐ歩けなくなったり、倒れてしまうこともあります。

他にも、眼球が震えるように動く眼球震盪が症状としては、挙げられます。

犬の前庭炎の症状

前庭炎は、脳神経の1つである前庭神経に炎症を起こした状態を指し、平衡バランス感覚に障害が現れます。

内耳にある三半規管が前庭神経と繋がっており、身体の位置情報を伝えていますが、前庭神経に炎症が起きると頭や身体の位置を適正にコントロールできなくなります。

前庭炎の症状には、ぐるぐる回る、眼球があちこち動く、意味もなく首をかしげる、フラフラ歩く、横に倒れる、まっすぐ歩けない等があります。

高齢犬が多く罹患するため、加齢や老化が原因とも言われており、耳関連の疾患やストレスなど精神疾患などが原因とも考えられていますが、はっきりとは解明されていません。

最初に首をかしげる動作があり、進行するとまっすぐ歩けなくなり、更に進行すると倒れるようになります。

犬の前庭炎の原因

前庭炎は、内耳、目および脳の一部の前庭神経と呼ばれる神経に異常が出て発症します。

前日まで元気に散歩していたような場合でも、突然症状が現れる突発性の場合が多くあります。

原因としては、脳腫瘍、外耳炎、中耳炎、内耳炎、甲状腺機能低下症、脳内の血液循環を妨害する血栓などがありますが、正確な原因が分からない場合もしばしば現れます。

また、ストレスなどの精神的要因や気候などの環境的要因も原因であると考えられています。

この病気は、しばしば老齢犬に発症する場合が多いので、何らかの老化現象が関連している場合もあります。

犬の前庭炎の治療と予防

治療法としては、前庭炎の症状が発症した場合は、直ぐに獣医の診察を受けることが一番と言えます。

具体的な治療法は、ホルモン薬やビタミン剤を投与する方法が一般的で、治療が迅速であるほど回復も早く、順調に回復すれば1週間ほどで完治できる病気です。

前庭炎は、何の前触れもなく突然起こることが多い病気です。

具体的なメカニズムは解明されていませんが、前庭神経に炎症が起こることによって発症するため、平衡感覚が保てなくなることが特徴です。

特別な予防法はなく、前庭炎の特徴を理解して犬の様子をこまめに見てあげることが大切です。

原因としてストレスなどの生活環境が影響することがあるので、犬の精神的ケアも考慮すると良いでしょう。

また、耳の病気に連動して起こるケースもあるため、定期的に耳のチェックをしたり、高齢の犬が多く発症すると言う特徴もあるため、犬の年齢を考慮してクリニックへ連れて行く判断を正確にできるようにしておくことが大切と言えます。

まとめ

前庭炎は高齢の犬に多い病気の1つです。

何の前触れもなく発症するので、日頃から犬の様子をこまめにチェックすることが大切です。

また、早期発見・早期治療が大切となりますので、症状が現れたら速やかにクリニックへ連れて行き、獣医の診察を受けることをおすすめします。

無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - 神経系, 耳の病気