犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

犬の内耳炎 - 症状・原因・治療・予防

   

bulldog-puppy-dog-pet

内耳炎とは、耳の奥にある内耳と呼ばれる部分が炎症を起こす病気のことです。

内耳炎を起こす原因としては、細菌の感染によって起こることが多いです。

また、外耳炎を起こして、そこから併発する場合もあります。

症状としては、平衡感覚を失ってうまく歩けなくなり、頭部が傾いたり、全体的に傾いた姿勢になります。

犬が耳を痒がり壁に擦りつけていたり、斜めに歩いたり、歩こうとすると旋回をしたりすると炎症を起こしている疑いがあるため、注意が必要です。

犬の内耳炎の症状

内耳炎とは、耳の奥にある内耳という部分が炎症を起こすことを言います。

内耳には、蝸牛という器官と、三半規管という器官があり、それぞれ聴覚とバランス感覚をつかさどっています。

この2つの器官には、「蝸牛神経」と「前庭神経」が通っており、音を脳へ伝達したり、身体の平衡感覚を等を脳へと伝える役割を担っています。

内耳炎になった場合、この「蝸牛神経」と「前庭神経」のどちらかが炎症を起こしたかによって、症状が変わってきます。

蝸牛神経が炎症を起こした場合、音が聞こえにくくなり、飼い主の呼び声に反応しにくくなったりなど、いわゆる難聴の症状となります。

また、前庭神経が炎症を起こした場合、バランス感覚に弊害が出てくるため、まっすぐ歩けない、くるくるとその場で回ってしまう、眼球が小刻みに震える、嘔吐などが挙げられます。

犬の内耳炎の原因

犬の内耳炎には次のような原因があります。

すでに中耳炎を患っている場合、炎症が内耳まで波及してしまうことがあります。

また、何らかの感染症に罹っている場合にウイルスや細菌が血液に乗って内耳にたどり着き、そこで炎症を起こす場合もあります。

傾向としては、細菌感染が原因になることが多いですが、ダニや異物混入、ポリープなどがきっかけになることもあります。

病気の可能性がある犬には、頭を振る、耳を掻く、口を開けるのを嫌がる、よだれが出る、瞬きできないなど、これらの症状は炎症による痛みや神経障害によって起こります。

犬の内耳炎の治療と予防

治療法としては、炎症を起こしている原因を特定し抗生剤などで炎症を抑えます。

炎症だけでなく、腫瘍がある場合は、外科的手術による腫瘍の除去となります。

主な予防法は、発症の原因となる中耳炎や外耳炎を放置しないようにすることです。

耳の中を犬専用の洗浄液や綿棒で掃除してあげるのも大切です。

特に、耳が垂れている犬種は、蒸れて発症しやすくなるのでこまめに掃除すると予防に繋がります。

内耳炎は、耳の中なので見た目では分かりません。

ですから、飼い主がいち早く気がつくかというのも大切です。

まとめ

犬の内耳には、聴覚の働きをする器官と身体のバランスを保つ役割をする器官があり、これらの器官に炎症が起こることを内耳炎と言います。

主な症状としては、フラフラと歩くようになったり、また、呼びかけに応じなくなる難聴になります。

年を重ねると気がつきにくくなるため、注意が必要でしょう。

症状が現れたら、早めにクリニックに行き、獣医の診察を受けることをおすすめします。

無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - 耳の病気