犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

犬の耳の腫瘍 - 症状・原因・治療・予防

   

pexels-photo-31131

耳の腫瘍は良性と悪性があり、外部から見ただけでは、それが、良性か悪性かという区別はつきません。

原因は特に不明であり、予防法も今のところありません。

耳の外側部分に腫瘍ができた場合は、目視での発見がしやすいですが、内部にできた場合は発見も遅れがちで、治療も難しくなります。

この病気にかかると、腫瘍部分から膿や脂状の分泌物が出たり、出血したりといった症状や、耳をしきりに気にする素振りが見られるようになります。

その場合は、犬の耳の中をよく確認し、外耳道や内耳道に異常がないかどうかチェックしてみる必要があります。

犬の耳の腫瘍の症状

耳の腫瘍ができたときに、痛みや痒みといった症状が現れていると、犬が何度も耳を触ろうとしたり、頭を振るといった動作を繰り返すようになります。

痒みが強い腫瘍の場合は、犬が、耳を掻き続けることによって出血を引き起こしてしまい、その傷が原因で腫瘍を大きくしてしまうことも多いです。

イボのような盛り上がりが次第に大きくなってくるのも症状の1つであり、そのイボに触れようとするだけで、犬が嫌がるようになります。

そのイボから出血を繰り返したり、膿や脂などが大量に出てくるというのは、症状が相当進んでいる証拠です。

犬の耳の腫瘍から膿が出ている場合は、耳から異臭がするというのも見逃してはいけない症状であり、犬の体調が次第に悪化してくることも珍しくありません。

今まで自分の耳をしきりに触ろうとしていた犬が、身体をぐったりとさせた状態で動かなくなっているときには、腫瘍に膿が溜まることで発熱を引き起こしている場合もあります。

犬の耳の腫瘍の原因

犬の耳の腫瘍が発症する主な原因は、耳の汗腺の一種であるアポクリン腺が腫瘍化した場合がほとんどであり、主に良性と悪性に分けられ、その性質によって呼び名が変わります。

良性のものは主に、乳頭腫、皮脂腺腫、良性耳垢腺腫、良性繊維腫などが挙げられます。悪性のものには、扁平上皮がん、皮脂腺がん、悪性耳垢腺腫などが挙げられます。

また、嚢腫の一種である「真珠腫」という病気も原因として挙げられます。

耳の腫瘍の原因の多くは、原因不明で発生します。

しかし、上記に挙げた真珠腫は、外耳炎や中耳炎と症状を共有して現れます。また、真珠腫を含む良性腫瘍に関しては、外耳道や鼓膜の皮膚における慢性的な炎症が引き金となっていると、考えられています。

また、紫外線などの環境や、犬の高齢化が原因となって引き起こされるという指摘もあります。

犬の耳の腫瘍の治療と予防

耳の腫瘍ができたときに最初にやすべきことは、その腫瘍が良性か悪性かを見極めることです。

これはクリニックで検査をしてもらうことです。

悪性の場合には、外科的手術で切除が必要になります。良性の場合には、放置しておいても問題はありませんが、腫瘍があることによって様々な弊害があるので、取り除くのが望ましいでしょう。

予防法としては、現在のところ、ありません。

まとめ

犬の耳の腫瘍の予防法は、現在のところ、ありません。

ですから、早期発見・早期治療が何よりも大切になります。日頃から、犬の耳をチェックしてあげると良いでしょう。

もし、腫瘍が見つかった場合や、腫瘍ができた素振りを見せるような症状が現れた場合には、速やかにクリニックで獣医の診察と検査を受けることをお勧めします。

無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - 耳の病気