犬ラボ

安全なドッグフードの選び方や犬の病気と健康をサポートする情報サイト

犬の歯根の膿瘍(根尖周囲膿瘍) - 症状・原因・治療・予防

   

pexels-photo-92380

犬の歯根の膿瘍(根尖周囲膿瘍)とは、歯根部と呼ばれる歯の根元が膿んで炎症を起こす病気です。

歯は、表面に出ている部分を歯冠部、歯茎に埋もれている部分を歯根部と呼びます。

通常であれば、歯根部が損傷を受けることはありませんが、あまりにも歯冠部が大きなダメージを受けると、そこから炎症を起こし、病原菌が入り込んで膿みます。

これを歯根の膿瘍と言います。

犬の歯根の膿瘍(根尖周囲膿瘍)の症状

症状としては、歯冠部が何らかの損傷を受けている、食餌をとらなくなる、歯の片方だけに歯石が付着している等が挙げられます。

凄まじい口臭がするなど、歯槽膿漏の症状が現れることも珍しくありません。

ただ、歯根の膿瘍(根尖周囲膿瘍)は、なかなか症状が出ず、気がつかないことが多い病気です。

歯根の膿瘍(根尖周囲膿瘍)が進行してくると、歯根の膿瘍(根尖周囲膿瘍)になっていない、片側の歯のみで食べ物をかんだり、食べること自体を嫌がるようになったり、硬い食べ物を避けるようになったりし始めるので、歯根の膿瘍(根尖周囲膿瘍)に気づく飼い主もいます。

炎症がひどくなってくると、骨が溶け、膿が飛び出してしまうことがあります。

また、口と鼻腔が貫通して、鼻からの出血や鼻汁などの症状が出てきます。

犬の歯根の膿瘍(根尖周囲膿瘍)の原因

原因としては、多くは、「外からの衝撃」によるものです。

ですから、犬の「咬むもの」に注意を配らなければなりません。

散歩の途中で、硬い木の枝を咬んだり、日頃の食べ物にも注意が必要でしょう。

歯根の膿瘍(根尖周囲膿瘍)は、歯の傷(ヒビ)から病原菌が侵入して、発症します。

虫歯や歯周病による外傷で発症する場合以外は、電気コードやロープ、骨などを咬むことで歯に傷がつき、そこから発症する場合が考えられるからです。

犬の歯根の膿瘍(根尖周囲膿瘍)の治療と予防

治療法としては、外科的手術と投薬治療がメインになります。

外科的手術は、歯根部(歯の根元)の膿を取り除くために行うものですが、歯の状態がひどすぎる場合は、歯自体を抜歯することになります。

症状が慢性化してしまっている場合も、最終的には獣医の判断になりますが、抜歯した方が症状の拡散を防ぐことができて有効と言えます。

薬物療法の場合は、抗生剤を投与していきます。

この治療法で、患部から全身へ病原菌が入り込むことを予防出来ます。

予防法としては、まず、歯のケアはブラッシングが基本です。

また、硬いものを食べさせないことも重要です。

歯が欠けることで、そこから細菌が侵入して発症する場合がありますので、歯が欠けるような硬い食べ物を与えるのは控えましょう。

まとめ

歯根の膿瘍(根尖周囲膿瘍)とは、歯根部と呼ばれる歯の根元が膿んで炎症を起こす病気です。

飼い主がなかなか気づかない場合がありますが、上記に挙げた症状が出た場合は、歯根の膿瘍(根尖周囲膿瘍)が考えられますので、速やかにクリニックで獣医の診察を受けることをおすすめします。

おすすめの犬用オーラルケア・デンタルケア

無添加ドッグフードランキング

ネルソンズ

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 低アレルギー
  • 腸内環境サポート
  • 関節サポート

ネルソンズ」はイギリスのトップブリーダーが自身の愛犬のために開発した高品質のドッグフードです。最高レベルの栄養素が含まれています。穀物や人工添加物を使っていない100%安全なドッグフードです。腸内環境を整えて免疫力をアップさせます。また、グルコサミン・コンドロイチン配合で関節機能をサポートします。

カナガン

  • 穀物不使用
  • 人工添加物不使用
  • 全犬種向け
  • 全ライフステージ対応
  • 高嗜好性

カナガン」は犬本来の食生活に近い、バランスのとれた配合です。また、嗜好性がよく多くの犬が喜んで食べてくれます。原材料は人間が食べれるほど高品質なものを使用しています。全犬種、全ライフステージに対応している優れたドッグフードです。

ナチュラルドッグフード(NDF)

  • 100%無添加
  • アレルギー対応
  • 給与量2分の1
  • 高嗜好性
  • 全犬種向け

NDFナチュラルドッグフード」は添加物を使用せず、本来の自然治癒力を引き出します。また、素材がよく、かつ愛犬が喜んで食べてくれます。

 - 口(口腔)